体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座のホステスが最初に学ぶ、話題づくりの「11文字」とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第10回目は「初対面でも会話が弾むテクニック」についてです。

f:id:asukodaiary:20170315155657j:plain

「昨日の野球、WBCはすごかったですね~」

「そうそう、今度こそは優勝だね」

このように共通の話題で雑談ができると、一気に距離が縮まりますよね。

でも興味や趣味は人それぞれ。誰もが関心を持ってくれる「雑談のネタ」になるようなニュースを見つけるのは難しいものです。

「何を話したらいいかわからない」というので、雑談が苦手という方は多いです。

次のような相談をいただくのは一度や二度ではありません。

「昼休みにみんなで雑談をしているんですが、その輪に入れずに職場で浮いている」

「初対面の人とは何を話したらいいかわからなくて、いつも困っている」

そこで、銀座のホステスさん達が最初に学ぶと言われている「雑談の話題の作り方」をお伝えしましょう。

まずは覚えよう!話題づくりのキーワード「木戸に立ち掛けし衣食住」

ホステスさんは、話を盛り上げるのが仕事です。

特に初対面で気に入ってもらえなければ、商売になりません。

ですから、会話を盛り上げる技術が必須となります。

そのホステスさんたち御用達なのが「木戸に立ち掛けし衣食住」という

話のネタになりそうな11項目の頭文字をまとめたものです。

…気候

…道楽(趣味、テレビ、映画、スポーツ)

…ニュース

…旅

…知人

…家族

…健康

…仕事

…ファッション

…グルメ

…住まい、暮らし、家

もし会話に困ったら、「キ・ド・ニ…」と順番にネタを探してみましょう。会話の糸口になるだけでなく、話題を変えたいときにも役立ちます。

今回はこの中から、コミュニケーション初心者にもおすすめの6つ「キ・ド・ニ・タ・シ・住」をピックアップしてご紹介します。

人は共通点のある人や似た雰囲気の人を好きになるので、「共通の話題を探す・つくる」ことは相手と関係を深めるのに大事なテクニックです。

:気候の話題

これは実践している人も多いかと思いますが、天気や気温など気候の話は、一番最初のきっかけ作りに最適です。

「今日はとてもいいお天気で気持ちいいですね」

「雨がすごかったですね」

「〇〇にもう桜が咲いていましたね~」

同じ場所にいるのですから、相手も同じ天気や気候を体験しているはず。お天気や気候の話題は、相手との共通点ですので、ここからスタートです。

天気や気温など気候の話で、相手の話すペースや間の取り方などを観察し、距離感を測りながら次の話題を探していきます。

:道楽(趣味)の話題

スポーツや音楽、映画など好きなことの共通点が見つけやすく、盛り上がりやすい話題です。

スポーツが趣味なら、スポーツニュースから自分の趣味の話題につなげるといいでしょう。

「私はよくゴルフに行きますが、ゴルフはされますか?」

「いえ、やったことがないんです」

こういった返事なら、すぐに次の話題です。Yes/Noで答えられる質問ではなく、相手が話しやすい質問をしましょう。

「お休みの日はどんなことをされているんですか?」

自分の趣味を先に開示したあとなら、相手も返してくれやすいです。

そして、休みの日に何をしているかを聞くことで、相手のプライベートやひょっとしたら家族のことも分かるかもしれません。

「家族でドライブ。まだ子どもが小さいんで」だと子育て中なのが分かるし、「ひたすらゲームです」「部屋にこもって音楽鑑賞」などだったら、もしかして一人暮らしかな?どんなゲームをやるんだろう?と話題も広げやすくなります。

:ニュースの話題

「そういえば、今日のニュース見ました?◯◯がすごいですね~」

そのニュースを知っている人なら、「どう思いますか?」と、相手のコメントを引き出すことで、相手の価値観や考え方を知るきっかけにします。

もしそのニュースを知らない人なら、分かりやすく手短に話してみて、相手の興味や関心のありかを探ります。

スポーツや芸能など、話題になっているニュースは一通りチェックしておくのがポイントです。政治と宗教は、アイデンティティにもつながる部分なので、避けるのが無難です。私の経験からすると…関西地区の方なら、阪神が活躍していないときの野球の話題も避けた方がいいかもしれません(笑)

:旅

人をいい気分にさせるために、心理学的にとても簡単な方法があります。

楽しかった体験をありありとイメージしてもらって、“インステイト”してもらえばいいのです。“インステイト”とは、五感を使ってそのイメージの中に浸ってもらうことをいいます。

楽しい体験といえば、やはり旅行の思い出が一番という人が多いです。

「今日はけっこう暑いですよね。まだマウイに行った時の方がよかったですよ。マウイは毎日33℃くらいだったかな。でも今まで行った旅行では、最高の場所でした…〇〇さんはいかがですか?一番思い出に残っている旅行先はどちらですか?」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。