体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MMDやVRも活用! 来館者が触れるコンテンツも楽しい国立歴史民俗博物館『デジタルで楽しむ歴史資料』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館(歴博)では、2017年3月14日から5月7日まで企画展示『デジタルで楽しむ歴史資料』が開催されています。この展示では、歴博が所蔵している『洛中洛外図屏風』『正倉院古文書』などをはじめとする重要文化財について、さまざまなデジタル技術によってより理解が深まるような解説や、実際に来館者が触れることができるコンテンツなどを用意しています。

プロジェクションマッピングで16世紀の京都を案内

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室町後期の16世紀の京都の様子が描かれた『洛中洛外図屏風』。これを複製してプロジェクションマッピングに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画面の前には、ボタンが6つ配置されています。これを押すと屏風にも描かれている6人のキャラクターが登場し、京都の名所を説明してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、そばに架けられているディスプレイでは、肉眼観察の難しいところを拡大表示することが可能。来館者も実際に触って、画面を拡大したり移動したり自在に動かすことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屏風に描かれている無数の人々。『歴博甲本』の1426人と『歴博乙本』1172人の計2598人をデータベース化。屏風のどこにいて、どんな人なのか、その調査の結果を見ることができます。傘など持っている物のキーワードでも検索できるというあたりに、研究者の方々の労苦が偲ばれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『甲本』『乙本』でどのように描かれ方が違うのか、対照して見ることができるディスプレイも。これも実際に触って拡大・縮小や移動ができるようになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『洛中洛外図屏風甲本』は、前期は現状複製、後期は本物の展示。さまざまなコンテンツに触れた後で登場人物たちを探してみると楽しいかもしれません。

江戸の町の変遷を屏風で知る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴博が所蔵する江戸の景観図。17世紀前記に描かれた『江戸図屏風』、1803年に描かれた鍬形蕙斎の『江戸名所之絵』、江戸末期の『再刻江戸名所之絵』『江戸景観図』。これらを「浅草寺」「日本橋」「愛宕山」など名所ごとに拡大。同時に表示するディスプレイが展示されています。これも来館者が場所ごとに表示させたり、任意の景観図を全画面表示させたりすることが可能になっています。

武士の戦い方が分かる!? 太刀にも注目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎌倉時代に描かれたという『前九年合戦絵詞』と、17世紀の『太平記絵詞』、それに室町時代の『結城合戦絵詞』。それぞれ、11世紀の陸奥で起きた前九年合戦と、14世紀の南北朝内乱、15世紀半ばに下総国で幕府と結城氏の間で争われた戦いを描いたものですが、時代によって甲冑や武器が変化しています。この3つを比較して、戦闘の違いを理解できるように見比べるようにできているディスプレイも設置されています。平安期から鎌倉時代にかけては弓での戦いが主流ですが、室町時代になると「打物」と呼ばれた刀による戦いが多くなっていったことが絵から分かるようになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy