ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デートで差をつける本格グリル料理 アサドール・デル・プラド@中目黒高架下【レストランボード活用繁盛飲食店】[PR]

IMG_1500_f2

リクルートライフスタイルが提供する0円からカンタンに使える予約台帳アプリ『レストランボード』。「予約状況の管理をカンタンに行うことができる」などと反響を呼び、2016年11月からサービス開始したオプション機能の利用店舗数は、2017年1月時点で1万店舗を突破。多くの飲食店と関わるサービスとあって、きっと繁盛している(美味しい料理が食べられる)お店をたくさん知っているに違いない!

ということで、『レストランボード』を活用中の飲食店を紹介するこの企画。第2弾は、昨年11月にオープンした商業施設『中目黒高架下』の『ASADOR DEL PRADO(アサドール・デル・プラド)』に行ってきました。本格グリル料理が味わえる人気店です!

希少な炭火焼マシンで調理する絶品和牛

IMG_1554_f

中目黒の約700mに渡る高架下に、計28のテナントが軒を連ねる注目の新スポット『中目黒高架下』。その一画にある『アサドール・デル・プラド』は、牛のオブジェと香ばしい炭火の香りが目印です。

IMG_1316_f

六本木で大人気の『アサドール・エル・シエロ』2号店としてオープンしたこのお店。六本木店と比べるとリーズナブルなメニューも豊富で、一杯からでも気軽に立ち寄って楽しめるカジュアルな雰囲気です。

スペイン風のバルとダイニングがミックスしたような落ち着きあるスタイルも好評で、デートや女子会の他、パーティー会場としての利用も多いのだとか。

IMG_1388

お店の一番の特徴は、熱源に炭火のみを利用するスペイン製のグリルマシン“Josper(ジャスパー)”。日本ではまだ数台しかない希少なマシンを使って、スペインの伝統的な調理法である炭火焼きを堪能することができます。

IMG_1411_f IMG_1416_f

この炭火焼マシンで調理する人気メニューが、『石垣牛トップサイドステーキ』。高火力の炭火と遠赤外線効果で一気に焼き上げます。表面をカリッとさせることで肉の旨味や肉汁を閉じ込め、中はジューシーでふっくらとした仕上がりに。

IMG_1465_f2

脂身の少ない石垣牛赤身の味わいを引き立たせるため、岩塩とオリーブオイルでシンプルに味付け。お好みで、しょう油ベースのオニオンソースとガーリックソルトが添えてあります。

IMG_1530_f

しっかりとした歯ごたえの赤身肉は、噛めば噛むほど凝縮した脂の旨味が口の中に広がります。外側のカリッとした食感とともに炭火の香りが鼻に抜け、ガスや電気の熱で調理した肉とは全く別の料理という印象。赤身に蓄えられた旨味が強烈です。噛む喜びとはこのことか……!

「黒毛和牛の原点」とも言われる石垣牛は、都内で食べられる店舗が限られる希少価値の高いブランド牛。クセや無駄な脂がなく、肉本来の旨味が分かります。女子って赤身肉がお好きなんでしょ? こんな料理をサラッと注文できたらきっとモテモテですわ!

IMG_1482_f

『石垣牛トップサイドステーキ』(150g~):2380円(税抜き)
※写真は200gです

手の込んだピンチョスを特製サングリアと共に

IMG_1363_f

お肉が焼きあがるのを待つ間に注文すべきオススメの前菜が『本日のピンチョス 盛り合わせ』。スペイン発祥の軽食として、日本でもパーティー料理でよく見かけるようになりましたよね。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy