体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行列が嫌いな京都人が並んででも食べる「大河」の手打ちうどんって?【京都】

f:id:mesitsu_la:20170309134943j:plain

香川県民うらやましーと思っていた時期が私にもありました。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回は、各方面で「おいしすぎる」「わざわざ行くべき」という噂を聞いていたのですが、未訪問なままだったうどん店におうかがいしますよー!

f:id:mesitsu_la:20170309134934j:plain

そんな「本格手打うどん 大河」があるのは、伏見区深草の西浦町。最近、ラーメン店などが続々出店しているエリアです。

京阪電車なら藤森駅西口から徒歩7分、地下鉄なら烏丸線竹田駅から徒歩10分。お店の向かいにはコインパーキングがあります。

京都人は、行列が嫌いです。行きつけのお店に行列が出来ていればほぼ諦めます。私は行列を見ると「観光客だろうな」と思います。京都生まれではありませんが、京都に長く住んでいるためか、やはりお店の前で並ぶことはありません。

京都市中心部から言うと「ちょい外れ」な場所。こんな場所(失礼)にあるうどん店に行列ができるとは、どんなうどんなんだろー?

提供まで2日と20分

f:id:mesitsu_la:20170309134942j:plain

▲「ヨソと同じが嫌」と話すオーナーの岸野達也さん

お店のオープンは、2012年5月。

前職は営業マンだったのですが、「自分が売りたいものを売る」というスタンスにどうもなじめなくて。僕のやりたいことは、自分が売りたいものを提供するのではなく、お客さんがほしいものを提供すること。

もともとうどんが大好きだったので、うどんを極めようと思い、会社を辞めて香川県の「池上製麺所」で2年間修業しました。るみばあちゃんで有名なうどん店です。

しかし、香川県のうどんをそのまま京都に持ってきてもお客さんは満足しないだろうと考えていました。

そもそも、京都のうどんはコシがなくやわやわで、麺よりもおダシが主役。

約10年前の讃岐うどんブーム以降は、コシのあるもちもち讃岐うどんのおいしいお店が登場して、どこのお店も流行っていますが、やはり京都人が日常で好むのはやわやわのうどんなんですよね。

そこで、ほどほどのコシがあるけれど喉ごしがつるりとした、自分だけのうどんを開発することにしました。

目指したのは、若い子が何を食べようかと考えるときに「ラーメンと大河のうどん、どっちにする?」と迷うお店。

世の中のうどん店は、値段が安いからか地位が低いように感じるんですよ。うまいラーメン店には行列ができるのに、うどん店にはできません。

僕は、選択肢の一つとしてすぐに名前が挙がるくらいほんまにおいしいうどんを作りたかったんです。

f:id:mesitsu_la:20170309134936j:plain

うどんは、切り立て、作りたてを重視。

営業時間中は、カウンターの中で岸野さんが生地を伸ばして製麺する姿を見ることができます。

岸野さんは、粉と水を混ぜるミキサーという機械を使わず、手ごねにこだわっています。

一般的には、粉と水を混ぜて足で踏み、寝かせて生地が完成します。

こちら「大河」では喉ごしの良さと弾力を両立させるため足踏みはナシ。また、加水率が高く柔らかいため、冷蔵庫で一晩寝かせて生地を落ち着かせています。

f:id:mesitsu_la:20170309134937j:plain

伸ばした生地を製麺機に入れて……

f:id:mesitsu_la:20170309134938j:plain

麺が出来上がったら……

f:id:mesitsu_la:20170309134939j:plain f:id:mesitsu_la:20170309134940j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。