体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出会いの森いちご園~食材のルーツを辿る旅 其の7(後編)~産地を巡る冒険【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170226183413j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。

「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅。

第7回目の前半に続き、後編は「スカイベリー(登録品種名「栃木i27号」)」に焦点をあてるべく、「生産者」の方にお会いします。

舞台は、いちご市!

やってきたのは、栃木県央に位置する鹿沼市。

鹿沼市は昨年11月に「いちご市宣言」をし、「いちご いちえ」をキーワードに、いちごを使ったPR活動を本格化させています。

f:id:tabearukist:20170226183449j:plain

東武新鹿沼駅から車で南西に5分ほど。山々と田園に囲まれた一帯に、今回の舞台「出会いの森いちご園」はあります。こちらはいわゆる「観光いちご園」で、毎年1月〜5月中旬頃まで、いちご狩りを楽しむことができます。

また、ビニールハウスの一角では、摘み立てのいちご等を購入することが可能。取材当日も、ファミリー層で大変賑わっておりました。

f:id:tabearukist:20170226183504j:plain

▲今回お話を聞かせて頂いた福田さん

f:id:tabearukist:20170226183549j:plain

「観光いちご園」と言えど、こちらの農園で栽培されているものは多岐に渡ります。「スカイベリー」を始め、「とちおとめ」や「とちひめ」等のいちごはもちろん、「はと麦」や、かぬま産コシヒカリ100%のお米「さつきの舞」等も。

ちなみに……。

この多品目栽培が「いちご作り」に多大な影響を与えていることを、訪問時点では知る由もありませんでした。

いちごについて

さて、実際に「スカイベリー」に会いに行く前に、いちごの品種について少し書いておきます。

こちらの「出会いの森いちご園」では、主に3種のいちごを栽培しています。

f:id:tabearukist:20170226183603j:plain

▲とちおとめ

いまでは栃木を代表するいちごとして、日本全国はもちろんのこと、海外にも出荷されている品種です。誕生は、1996年。「女峰」の色や形の美しさはそのままに、粒はより大きく、果汁もたっぷり。

f:id:tabearukist:20170226183618j:plain

▲とちひめ

「とちおとめ」とは打って変わって、ご存じない方も多いのではないでしょうか。流通量は極めて低く……と言いますか、ほぼ出荷されていません。栃木県内の観光いちご園でのみ食すことができる、貴重ないちごです。大ぶりで果肉が非常に柔らかく、甘味が極めて強い品種です。

出荷されないのは、その実の柔らかさ故に、配送が困難だからとか……。栃木に足を運ぶ機会があれば、是非食してみてください!

f:id:tabearukist:20170226183647j:plain

▲スカイベリー

今回の主役。2014年に登場し、高級いちごとして流通しています。スイーツ店の限定メニューや、催事イベント等でお目に掛かった方もおられるのではないかと思います。

秀逸なのは、潤沢な甘味と、ほのかな酸味のバランス。

また、果肉は非常に大ぶりで、25g以上のものが3分の2を占めます。「とちおとめ」の平均が15グラムほどだそうなので、その差は歴然ですね。この大きさ故のジューシーな食感に、心からうっとりさせられます。

いよいよ「スカイベリー」とのご対面

f:id:tabearukist:20170226183715j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。