体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【編集部の推し文具】自分に合うボールペンを見つける旅に出たい

ある日のsrbn先生

ーーー 完璧なボールペンなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

ハイ、たまには作家・村上春樹さんぽく文学的に語ってみました!

こんにちは。ガジェット通信、編集部の記者エリーニです。ガジェット通信編集部を運営する東京産業新聞社および未来検索ブラジルでは、朝に日報というメールシステムで業務報告や日々の連絡をしているのですが、ある日のこと。

こんな、一通の詩的なポエムメールが。

「自分に合うボールペンを見つける旅に出たい」by srbn(そろばん)

室内

一応、IT企業の東京産業新聞社。日頃、パソコンを使っているので、文具なんて詳しくなかろう……と思いきやこのメールを受けて社内の文房具愛好家からオススメ製品が続出! ガジェット通信の文具好き達がそれぞれの“推し”ボールペンを選出。はたしてsrbn(そろばん)先生のおめがねにかなうボールペンはあるのでしょうか。

ちなみに編集部の文具好きは、この4名。

●ふかみん:
常にパソコンやハイテクガジェットを持ち歩いているので、ペンを使わないと思いきや、筆箱も持ち歩き中のIT男子。

●ニコラシカ先生:
365日お洒落ガールな占い師。昨今のヘアカラーはフューシャピンク。

●周二郎探検隊:
カメラと乃木坂46を愛する40代の少年。盆栽をオフィスで育成中。

●エリーニ:
インクっぽいペンが好き。最近、文字以外に絵もペンで描きます。

さぁ! ボールペンを見つける旅にでかけよう

街

「旅に出たい」というsrbn先生のご用命を受け、せっかくなので旅に出ることに。みなの“推し”ボールペンを買いに出かけます。

秋葉原の街に心地よい風がふいている

srbn先生とやってきたのはここ秋葉原の街。街には心地よい風がふいてます。

ヨドバシ秋葉原におりたったそろばん先生

オフィスから約700メートルほど歩いて、ヨドバシマルチメディアAkibaへ。

ボールペンを購入して会社へ戻ります。さてガジェット通信、文具好きスタッフの“推し”ボールペンを見ていきましょう。

ふかみんのおすすめボールペン『Surari』

ふかみんすらりのりゆう_2

ふかみんのおすすめボールペンはゼブラから発売されている『Surari』。

油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のさらさらした軽さを兼ね備えたエマルジョンインクを、世界で初めてボールペンに搭載。今までにない、なめらかな書き味と鮮やかで濃い筆記線を実現したという一品。100円(税抜)。4色タイプは350円(税抜)。

すらり4c理由

「Surari 0.5mmを試してみなされ。そして気に入ったら4cタイプがオススメ。もう他は要らない」とふかみん。

“推し”文具の理由:
「スラリ、スラリと滑らかなんです。滑りが好きな派はコレ。それで、スラリ、スラリと4色一気に書けるなんてすごくない!?」(ふかみん)

ニコラシカ先生のおすすめボールペン『オプト』

ニコさんのおすすめ

ニコラシカ先生のおすすめボールペンはパイロットの『オプト』。

『オプト』は、ボディの色だけでなく、柄でも選べるデザイン性に富んだボールペン。また、10万回はさんでもこわれないというリフトクリップとロングレフィルが特徴。ロングレフィル搭載され従来のノック式に採用されているレフィルに比べ、インキ量が45%もアップ。200円(税抜)。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。