体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

八王子が誇るC級グルメ「パンカツ」はもっとメジャーになっていい

f:id:Meshi2_Writer:20170202130856j:plain

みなさん、カツは好きですか?

好きですよね。ジューシーな肉をサクサクとした衣で包んだあの幸せな食感。

今回はそんなあなたのためにとっておきのカツをご紹介しましょう。

その名は……

「パンカツ」!

トンカツではありません。「パンカツ」です。まさかとお思いでしょうが、その想像はたぶん当たっています。そう、「パンカツ」とは、

パンにパン粉をつけたカツ

なのであります。どこまで行ってもパン! かめばかむほど炭水化物! いったいどういうつもりだ!

でも俺はたぶん大好きです!

この「パンカツ」、東京八王子のご当地グルメとしてにわかに脚光を浴びているとのこと。さっそく、その正体を確かめに行きましょう。

「日本パンカツ協会」とは!?

「パンカツ」を求めて、我々が今回訪問したのは、「パンカツ」の聖地のひとつと言われる八王子市元横山町のお好み焼き店「やまと」

店先にはたしかに「パンカツあります」の貼り紙が。

f:id:Meshi2_Writer:20170202131642j:plain

営業時間外にもかかわらず、女将さんがやさしくもてなしてくれました。

「もう少し待っててね。“協会”の人もそろそろ来るから」

……協会?

ほどなくして、店内に現れたふたりの男性が。

f:id:Meshi2_Writer:20170202131218j:plain

よろしくお願いします、我々が「日本パンカツ協会」です。

「日本パンカツ協会」! そんなのもあるのか!

取材に応じてくださったのは、「日本パンカツ協会」の仕掛け人であり、近隣の商店街の振興に尽力する加藤一詞さんと、ミュージシャンとしてAKB48やV6、AAAなどにも楽曲を提供するトーリーさんこと、鳥海剛史さん。

……それだけじゃなく、なんかかわいい女の子たちもいるぞ?

f:id:Meshi2_Writer:20170202131325j:plain

こちらの女子たちは「日本パンカツ協会公認アイドル」に任命された八王子ご当地アイドル「8princess」のメンバー、なのであります。

聞いてないよ! ここまでハナシがデカいなんて聞いてないよ!

戦後の食糧難をいやした「パンカツ」

f:id:Meshi2_Writer:20170202131951j:plain

▲「日本パンカツ協会」の中心人物、八王子市商店会連合会副会長の加藤さん

とりあえず落ち着いて、加藤さんとトーリーさんに「パンカツ」の成り立ちからうかがうことに。

実はワタシ(本稿記者・ふじー)も八王子に越してきて6年目になるんですが、「パンカツ」なるものの存在を知ったのはつい最近なんです。

ええ、実は「パンカツ」は八王子全域ではなくて、このあたり(横山町・八幡八雲神社周辺)の文化なんです。ここは戦後いわゆる闇市があったところで、せめてカツの気分だけでも味わいたいという人に出していた食べ物でした。屋台では結構な人気だったようです。(加藤さん)

B級ならぬC級グルメという呼び名も、そのピンポイントなところからの発想だといいます。

ところで女将さん、この「やまと」はいつごろから始められたんですか?

もう60年前ですね。そのころからウチでは「パンカツ」はメニューに入れていましたよ。これだけ注目される前は注文する人も少なかったですが、今では遠くから来てくれる方もいてね、レシピを手紙で送ったりもしましたよ。(やまと、おかみさん)

f:id:Meshi2_Writer:20170202222054j:plain

▲パンカツの伝統を60年守り続けるお好み焼き「やまと」の女将さん

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。