体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「やっぱりジムニーは四角いやつだね!」スチャダラパーBoseが先代ジムニーを本気で試乗!

▲「旧車好きとして先代ジムニーは避けては通れない。自分が乗りたい中古車を本気で選ぶよ!」とBoseさん

▲「旧車好きとして先代ジムニーは避けては通れない。自分が乗りたい中古車を本気で選ぶよ!」とBoseさん

エンジンを載せ換えると、ジムニーシエラがハチロクになる!?

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行きます!

今回はジムニー工房にお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

Bose:社長、前回1.3Lのジムニーシエラに1.6Lのスイフトスポーツのエンジンをスワップ(載せ換え)する話を教えてくれたじゃないですか。そのあたりをもう少し詳しく教えてください。

石塚社長:前もお話したとおり、無理矢理過給したりしてパワーアップすることもできますが、エンジンに負担がかかるのでオススメしたくありません。それなら最初からパワーに余裕のあるものを使おうというのが僕の考え方です。エンジンが換わるということは構造変更が必要になるので、うちではきちんと公認を取っていますよ。

Bose:素朴な疑問なんですが……。危なくないんですか?

石塚社長:もちろんブレーキなどを強化することが前提になりますが、乗るとかなり楽しいですよ。ジムニーシエラとスイフトスポーツのエンジンは排気量で300cc違うだけですが、走りは全然違います。例えるなら昔のハチロクのような感じですかね。ハチロクの4A-Gも同じ1.6Lですし。

Bose:走りがかなり変わるのは簡単に想像できますよ。だって、シエラは車両重量が軽いからね。パワーが少し上がるだけで劇的に変わりそう。

石塚社長:エンジンの載せ換えは、もともとランドクルーザーで手がけていたんです。ランクル60にシボレーの5.7L V8を載せたり、ランクル80にランクル100用の4.7L V8を載せたりしています。

▲1989年にデビューしたランクル80は、「適度な枯れ具合がオシャレ」と若者から注目を集めています。この物件は大型のバンパーが迫力あります!

▲1989年にデビューしたランクル80は、「適度な枯れ具合がオシャレ」と若者から注目を集めています。この物件は大型のバンパーが迫力あります!

▲ランクル80のガソリンエンジンは4.5Lでしたが、これはランクル100用の4.7Lガソリンエンジンに載せ換え。最高出力が20ps、最大トルクが5kg-m大きくなっています

▲ランクル80のガソリンエンジンは4.5Lでしたが、これはランクル100用の4.7Lガソリンエンジンに載せ換え。最高出力が20ps、最大トルクが5kg-m大きくなっています

現行型もいいけれど、やっぱりこの形がたまらないね!

▲デザートカーキにオールペンされたジムニー。「黒もいいけれど、オールペンはボンネット裏やモールの境目など、見えない部分までていねいに施してありますよ」(石塚社長)

▲デザートカーキにオールペンされたジムニー。「黒もいいけれど、オールペンはボンネット裏やモールの境目など、見えない部分までていねいに施してありますよ」(石塚社長)

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):Boseさん、せっかくだからジムニーも見せてもらいませんか?

Bose:そうだね。実はお店に入ったときから気になっているのがあるんだ。

石塚社長:どれですか?

Bose:展示場の端にデザートカーキのジムニーが2台あるでしょう。かなりカッコいいなと思って。ちょうどこのページのトップ画像にあるやつ。

石塚社長:あの色は現在うちが推しているスタイルですね。2台ともうちでオールペンしたものです。よく見ると2台の色は違うんですよ。

Bose:本当だ! 片方はマットな仕上げになっているんだ。近づくまでわからなかったよ。

石塚社長:最初は艶消しでやっていたのですがワックスが掛けられないなど維持が大変なので、最近は艶がある方で仕上げています。どっちが好きかはお客さんの好みですね。

Bose:僕は艶がある方が好きだなあ。これ、ナンバーが付いているということは試乗することできますか?

石塚社長:大丈夫ですよ。せっかく来ていただいたのですからぜひ乗ってみてください。

▲試乗がOKになり思わず笑みがこぼれる。「乗る前から笑っちゃう車ってなかなか出会えないよ」

▲試乗がOKになり思わず笑みがこぼれる。「乗る前から笑っちゃう車ってなかなか出会えないよ」

Bose:このJA22は1998年式だから最終型ですね。もう20年近く前のものだけど、運転席に座った感じは案外現代的な雰囲気があるな。おっ、走り出しからいい感じ。エンジンの音はかなり室内に入ってくるけれど、全然嫌じゃないよ。

石塚社長:JA12/22の一つ前のモデルとなる4ナンバーのJA11は板バネで、ミッションはローギアードなんです。このJA22は5ナンバーで、20%ハイギアードになっています。だから街中でも乗りやすいですよ。一番いいのはJA22を10%ほどローギアードにして、逆にJA11は10%ほどハイギアードにしてあげる。そうすると街中での走りが快適になりますよ。

Bose:そうなんだ。セッティングのことはノウハウのある専門店に教えてもらいながら試すのが一番だね。

石塚社長:今でもJA11はかなり人気がありますがミッションが弱いので、ギアの入りが悪くなったりしたお客様にはJA22のミッションを付けたりもしますよ。そうするとものすごく乗りやすくなる。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。