ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キッチンドローン』様々な大きさの鍋に乗せれば自動でかき混ぜてくれるお鍋の上の飛ばないドローン!

『キッチンドローン』はイタリア製の調理器具。様々な鍋のサイズに対応する自動かき混ぜ機で、ソース、リゾット、スープ、ジャムなどを作る時に鍋底の焦げ付きを防いでくれるキッチンで活躍するドローンだ。

つまりは小型な家庭用の自動かき混ぜ機

Praxi株式会社の『キッチンドローン』(税込4,990円・発売中)は、電源を入れるだけでブレードが回転し、鍋の底をかき混ぜるキッチンツール。確かに鍋の上にドローンのように乗せて使うが、飛べるわけではない。

家庭でよく使われている深さ7cm~13cmまで、直径16cm~24cmまでの鍋に対応。

モーターキャップ、メインカバー、シャフト(軸)、ブレード、飛び跳ねネット、取扱説明書。本体の重量は約180g(電池を除く)。大きさは直径50mm×高さ100mm。アルカリ単三電池(別売)は4本使用。

まずは本体のセッティング。電池を4本セットする。


メインカバーを取り付けて、シャフト、ブレードを取り付ける。これでキッチンドローンを使う準備が完了。

モーターキャップを左に回す事で、アームが伸びる。


アームの先端のフックを鍋のフチに引っ掛けて固定する。


シャフト(軸)は約11㎝まで対応。伸縮可能なブレードは約13㎝まで対応。

空の鍋にセットしてから、調理したものを入れること!

今回は直径約20cmの鍋に使用。シチューを作ってみる。ここで最も重要なのが、キッチンドローンは空の鍋に予め設置しておくこと。そして、設置した鍋に調理したものを入れることである。


シチューの場合は、煮込むまでに素材を炒める工程がある。この部分は別鍋ですましておこう。炒めた素材をキッチンドローン付きの鍋に入れる。水を加え、灰汁を取り、シチュールゥを加える。ここまできたら、本体上部にある電源をON。

安定したスピードでゆっくり回る。回転するモーター音が多少するが、響き渡るような音ではないのでうるさくはない。キッチンドローンに約10分ほどかき混ぜを任せれば、その間に他の作業が出来る。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。