体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説のプログラマーが説く「時間通りに絶対終わらせる」仕事の進め方

f:id:tany_tanimoto:20170309180229j:plain

長時間労働が大きな社会問題となっている昨今。「ノー残業デー」や「プレミアムフライデー」など、長時間労働を是正するような取り組みが一部の企業で行われています。けれど「そうは言っても、なかなか早く帰れない」「そもそも仕事が終わらない」と悩んでいるビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

Windows95の生みの親のひとりであり、「右クリック」「ドラッグ&ドロップ」を現在のような形に設計したというソフトウェアエンジニアの中島聡さんは、著書『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(文響社)が10万部を超えるベストセラーとなっています。著書では「ロケットスタート時間術」を公開している中島さんに、「どんな要因があっても絶対に早く仕事を終わらせる」仕事の進め方を伺います。

f:id:tany_tanimoto:20170309174435j:plain

中島聡さん

UIEvolution Founder / neu.Pen CEO

1960年、北海道生まれ。高校在学中からアスキーでパソコン雑誌の記事執筆やソフトウェア開発に従事。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、日本電信電話(NTT)を経て、1986年日本マイクロソフトに転職、設立に携わる。1989年に米国マイクロソフトに移り、次世代OSのユーザーインターフェイスの設計に従事。Windows 95、Internet Explorer 3.0/4.0、Windows 98のソフトウェア・アーキテクト(チーフ)などを務める。2000年にマイクロソフトを退職後、UIEvolution株式会社、neu.Pen Inc.を設立。現在シアトルに在住し、ソフトウェア開発と執筆活動を続けている。著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』 (文響社)など。

職場に束縛されるような働き方は意味がない

f:id:tany_tanimoto:20170309174703j:plain

——日本では長時間労働が大きな問題となっています。中島さんは長らくアメリカを拠点とされ、現在もシアトルにお住まいですが、アメリカと日本との労働環境の違いについてどのようにお考えでしょうか。

中島:日本は全体主義的というか、「個人の理由」を尊重しない雰囲気がありますよね。納期を間近に控えて、みんなで残業を余儀なくされているときに、ひとりだけ「あ、今日は子どもの父兄会があるので、僕は帰ります」とは言いづらい。

アメリカはお互いの事情を尊重し合うカルチャーなので、「今回は僕ががんばるから、次回は頼むよ」なんて、わりと融通が利くんです。アメリカにもワーカホリックな人はいますが、家族の事情には寛容です。ちょうど昨日も重要な会議があったのですが、普段四六時中働いているような人に、奥さんから「水道管が破裂しちゃって大変だから」と連絡があって。昼間に帰っちゃいましたけど、それも全然許されますし。

——日本では、たとえば「子どもが熱を出したから、保育園に迎えに行く」のも仕方がないことなのに、申し訳なさそうに帰宅する人が多いように感じます。

中島:日本ではどうしても長時間がんばっている人が評価されて、成果を挙げた人、生産性を上げている人がなかなか評価されにくい。もちろん、アメリカでも気持ちの部分ではそういうところもありますよ。実際、本当に優秀な人はいつも仕事のことを考えています。けれども、ずっと職場に束縛されるような働き方は意味がありませんよね。「みんなが残業するから」「上司が帰らないから」ずるずると職場にいないといけない、みたいな。

——職場にいる間に自分の仕事を終わらせられればいいのですが、突発的に仕事を頼まれたり、電話やメール対応に追われたりして、結局腰を落ち着けて仕事ができるのが、19時以降……ということもあります。

中島:僕にとって最悪の日は、Eメールしてミーティングして終わっちゃうような一日ですよ。「仕事をしているような気」にはなるんですけどね。僕の仕事はプログラムを書くことなので、そういった本来の知的労働に時間を費やしたい。職種によってそれは異なりますが、やはり何か実になる成果をあげたいですよね。

「ギリギリまでやらない」から仕事が終わらない

f:id:tany_tanimoto:20170309174848j:plain

——さまざまな要因がありながらも、多くの人が「仕事が終わらない」と常に時間に追われているような感覚を持っていると思います。中島さんが考える「仕事が終わらない人の特徴」とは、どのようなものでしょうか。

中島:大きく分けて、この三つに集約されます。まず安請け合いしてしまう。それから仕事を請けてもギリギリまでやらない。そして計画の見積もりをしないということですね。

——……すべて思い当たる節があります。

中島:とにかく、安請け合いはしないことは鉄則です。誰かに何かを頼まれたら、「ちょっと確認するので、見積もる時間をもらえませんか」と言う。手をつけてみないとわからないことって多いじゃないですか。これは僕のやり方なんですけど、「見積もる」と言っておきながら、ちょっと試しにやってみるんですよ。プロトタイプを作ってみて、できるかどうかの感覚をつかんでから「できますよ」と言う。しかもそのときにもう8割方できている、というのが理想ですね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。