体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭くても快適に[5] 建築家に聞く、美しく暮らせる住まいの秘訣

狭くても快適に[5] 建築家に聞く、美しく暮らせる住まいの秘訣

一級建築士として、住宅設計からインテリアコーディネート、収納計画まで、トータルで住まいづくりを提案している水越美枝子さん。近著「物が多くても、狭くてもできる いつまでも美しく暮らす収納のルール (エクスナレッジ)」が大好評の水越さんに、限られたスペースでも実現可能な片付けストレスのない家づくりについてお聞きしました。【連載】狭くても快適に

「家が狭い=理想の暮らしはできない」。そう考えるのが一般的かもしれません。けれどもここで紹介する人たちは、数多くの選択肢のなかから、あえてコンパクトな住まいを選択し、狭くても快適に暮らしています。家族3人+愛犬1匹の4人家族で59平米という狭小スペースに暮らすライフオーガナイザー、さいとうきいが、そのヒミツに迫ります!

建て主が証明した「暮らしやすい住まいは美しい」という事実

水越さんのご自宅には、建築士事務所「アトリエサラ」のオフィスが併設されています。けれども、取材に伺ったわたしたちが招き入れられたのは、オフィスではなくご自宅のリビング・ダイニングスペース。仕事が立て込んでお忙しそうな様子でしたが、水越邸はすっきりと片付いていました。

「17年前に設計したわが家もそうですが、収納計画がうまくいっていると、片付けなくても自然と家が片付くものなんですよ。意識しなくても美しい日常が保てるから、いつ誰が来ても招き入れることができます。それをイメージしていただきたくて、クライアントの方と自宅で打ち合わせすることも多いんです」【画像1】前夜も遅くまで仕事をしていたというのに、ご自宅はこの美しさ! 「片付けなくても自然と片付く家=暮らしやすい住まいは美しい」を、自ら証明されていました(写真撮影/さいとうきい)

【画像1】前夜も遅くまで仕事をしていたというのに、ご自宅はこの美しさ! 「片付けなくても自然と片付く家=暮らしやすい住まいは美しい」を、自ら証明されていました(写真撮影/さいとうきい)

水越さんが手がけた200件以上の物件に暮らすクライアントは、入居後すぐだけでなく、1年後、5年後、10年後でも、美しく暮らしている人が多いといいます。

これから家をつくる人に、より多くの「美しく暮らせる家」の実例を見てもらいたいと、2010年からは「住まい講座」を開催。事務所が設計した家を訪問し、水越さん自ら間取りや収納について説明したり、建て主の方が実際に暮らしてみた感想を聞いたりしているそうです。【画像2】水越さんが手がけたS邸の明るく開放的なキッチン。カウンターの立ち上がりが、シンクまわりや作業スペース、調理家電などを絶妙に目隠し。来客時、多少キッチンが片付いていなくても目立ちません(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

【画像2】水越さんが手がけたS邸の明るく開放的なキッチン。カウンターの立ち上がりが、シンクまわりや作業スペース、調理家電などを絶妙に目隠し。来客時、多少キッチンが片付いていなくても目立ちません(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

「実際に暮らしている様子を見ることで、どこにどんな収納があったら片付くか、どんなものを収める必要があるのか、どのくらいのものがあれば足りるのかなど、リアルにイメージできるようになります。講座に参加した後は、持ちものを見直して不要なものを手放しやすくなったという人も多いんですよ」【画像3】キッチンの背面収納は、手持ちの家電の大きさをはかり、使っていないときは収納できるように設計。開き戸の棚板は奥行きを浅めにしておけば、戸裏にラックなどを取り付けて収納スペースとして活用できます(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

【画像3】キッチンの背面収納は、手持ちの家電の大きさをはかり、使っていないときは収納できるように設計。開き戸の棚板は奥行きを浅めにしておけば、戸裏にラックなどを取り付けて収納スペースとして活用できます(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

「講座への参加者は、延べ1200人以上になりました。みなさんと一緒にクライアントの家を訪れるたびに、いつまでも美しく暮らすことは可能なんだ、暮らしやすい住まいは美しいものなんだと実感しています」

狭くても美しい家づくりのポイントは「視線」「動線」「収納」

それでは具体的に、狭くても暮らしやすい、美しい住まいをつくるにはどうしたらよいのでしょうか。水越さんによると、コンパクトな家でも美しく、快適に暮らすために大切なポイントは「視線」「動線」「収納」の3つ。ご自身が設計したお住まいを例に、説明してもらいました。

70代の女性、Iさんのご自宅は約55m2、3K、築35年のマンションです。3人の子どもが独立し、現在は一人暮らしをしています。小さな部屋に仕切られて、暗く、寒かった住戸の間取りを変えて、暖かく、効率のよい動線に変えるため、全面リフォームすることになりました。【画像4】リフォーム前、Iさんも「住まい講座」に参加されたそうです。暮らしやすく美しい住まいをイメージできた後は、新居にふさわしくないものを手放すスピードが早まったとか(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

【画像4】リフォーム前、Iさんも「住まい講座」に参加されたそうです。暮らしやすく美しい住まいをイメージできた後は、新居にふさわしくないものを手放すスピードが早まったとか(写真撮影/永野佳世、写真提供/アトリエサラ)

まずは、1つめのポイント「視線」について。I邸は南側にふたつの大きな窓があります。けれども、間仕切り壁によって真ん中で分断されているため、日中の日差しが部屋の奥まで届かず、暗い雰囲気でした。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。