ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東芝、7型カラー液晶・Wi-Fi機能を搭載した電子書籍端末「BookPlace DB50」を2月10日に発売

東芝は1月26日、タッチパネル付きのカラー液晶ディスプレイと無線LAN接続機能を搭載した7型の電子書籍端末「BookPlace DB50」を2月10日より発売すると発表しました。価格はオープン(楽天を見ると価格は22,000円前後のようです)。BookPlace DB50は、株式会社BookLiveが提供する電子書籍サービス「BookPlaceストア」に対応した電子書籍端末で、BookLiveストアの電子書籍5万タイトルの中から好きな書籍を購入・管理・読書できます。音声読上げ機能にも対応(書籍が対応してれば読上げ可能)。OSはAndroidで、ホーム画面が「書棚」となっており、本体の「ホームボタン」を押すと、どの画面からでも書棚に戻ることができます。その他、「メニュー」ボタンや「バックボタン」(前のページに戻れたりする)、読みかけのページを一押しで表示できる「コンティニューボタン」といった読書向けボタンも搭載されています。電子書籍の閲覧などのほか、インターネットに接続すればWEBサイトの閲覧やメールの送受信を行うこともできます。ほかにもPDFファイルや動画、写真の閲覧、音楽の再生も可能です。画面サイズは7インチ、解像度は1,024×600ピクセル(WSVGA)、ディスプレイはLEDバックライトのTFT液晶。プロセッサーはFreescale i.MX535,1.0GHz。内蔵ストレージの容量は8GBで小説なら約6,000冊、コミックなら約150巻保存しておくことができます。保存領域はmicroSD/microSDHCカードで拡張可能。内蔵バッテリーの駆動時間は約7.5時間となっています。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR(3G通信モジュールは非搭載)。本体サイズは120mm(H)×190mm(W)×11mm(D)、質量は330g。製品を購入した方にはBookPlaceストアで利用できる5,000円分の電子書籍購入ポイントがプレゼントされます。Source : 東芝


(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&T、Sony Crystal Tablet、Xperia ion、Samsung Skyrocket HD / Exhilarate、未発表のSamsung Rugby SmartとAT&T Fusionを今四半期中に発売?
ソフトバンク、シャープ製「AQUOS PHONE 102SH」のソフトウェアアップデートを開始、バッテリー消費を改善
NTTドコモ、シャープ製「AQUOS PHONE slide SH-02D」のソフトウェアアップデートを開始、フォント変更時の不具合に対処

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。