ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和服で行こう世田谷ボロ市

和服で行こう世田谷ボロ市

と、言うわけで毎年12月と1月の15日,16日に世田谷駅周辺に開かるボロ市に行って参りました。

私は12月15日初日の参加です。

この市なんと400年以上前から続いており、現在は東京都無形民俗文化財に指定されています。

和服で行こう世田谷ボロ市

商品は古民具、骨董、古着、日用・インテリア雑貨から食品、植木、カード、玩具までさまざま、雰囲気はお祭り感覚で中高生も多く見かけます。

箪笥に眠っている親祖父母の着物があったら着付けてもらって出かけしましょう。

んなもんねーわボケ!という方もこのような骨董市等で安価に手に入るので是非訪れてみてください。

それでは来場者数数十万人(コミケの数倍!)と言う市の活気を感じながら歩いて行きましょう。

ボロ市の朝は早い。

しかし筆者の朝は遅かった。

着いたときには既にお昼でした(汗)。

本気でいいものを探したい人は明け方から集まるそうです。

おっと、交通には駐車場が無いので電車自転車で向かいましょう。

電車で行く場合は世田谷線を使う必要があります。私は三軒茶屋から乗り換えました。

和服で行こう世田谷ボロ市

三軒茶屋世田谷線、駅はレンガ造りと超ローカル。

二両編成の小ぢんまりした列車が迎えてくれます。

和服で行こう世田谷ボロ市

市開催中は特別ダイヤで運行していますが流石に朝だとすし詰め状態。

世田谷駅に着くと凄い人、流石に中高年以上が多いです。

和服で行こう世田谷ボロ市

この日は随分あったかかったので外套は早速お荷物へ。

以降は手作り感満載の地図に沿って写真でお楽しみください。(後からパンフ発見)

赤いところが会場、青●はトイレ

和服で行こう世田谷ボロ市

1.駅から本会場までは東北沖地震の復興支援と言うことで主に食品の販売が行われていました。とにかく人が多い。

和服で行こう世田谷ボロ市

2.着物のお店。

和服で行こう世田谷ボロ市

1000円〜とか置かれています。最終日にはさらに投売りされちゃったり。

これはボロ市の名前の由来にもなっていて、昔は着物の端切れや古着(ボロ)が大量に出され、草鞋に編みこまれたり地方に運ばれ普段着として使われたそうです。

今は見た感じ着物を売る露天は1割り程度ですが割かし綺麗な着物が気軽に買えます。

もちろん穴やシミ汚れがあるものもあるのでしっかり確認しましょう。

サイズが分からなかったら店の人に聞いてもいいし、買い物途中のおばちゃんが勝手に教えてくれたりも…

こちらは山積みで売られる着物。

和服で行こう世田谷ボロ市

お着物が可哀想とおっしゃるおばさまもいました。

需要と供給のバランスもあるでしょうが、江戸で使われた古着が地方へ流れる過程としてこのような形の販売は昔から行われていたようです。

3.代官屋敷

和服で行こう世田谷ボロ市

その名の通り江戸時代からこの土地のお代官様のお屋敷だったものが現在は郷土資料館として保存されています。

中では1月29日まで「ボロ市の歴史」が開かれます。

筆者は時間の都合により入れませんでしたorz

4.ボロ市名物、代官餅!

ボロ市の中心辺りにある天祖神社境内で突きたてのお餅が食べられます!

しかし、いつも1時間待ち以上で買うのは結構大変、今年は40分ほどの待ちで購入できました。

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy