ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアーナ、お騒がせ女性ラッパーのアジーリア・バンクスの挑発に余裕の対応

リアーナ、お騒がせ女性ラッパーのアジーリア・バンクスの挑発に余裕の対応

 歯に衣着せぬ物言いで度々揉め事を起こしてきたラッパーのアジーリア・バンクスが、今度はリアーナをSNSで挑発して騒動になっている。

 トランプ米大統領が、ムスリムが多数を占める7か国からの出身者の米国への入国を大統領令で禁止した問題について、現地時間2017年1月29日にラッパーのアジーリア・バンクスが公式インスタグラムで発言した。

 その中で彼女は、「自分の影響力を利用して社会をかき立てようとしているリアーナ(そもそもアメリカ人じゃないし、選挙権もない)とか他の有名人たちは、マジで黙って大人しくすべきだと思う」と息巻いた。

 アジーリアはさらに、「我が国の国境外の世界で起きていることに関してある程度無知でいられる自分の立場や、安全を享受しているアメリカ人として言えることは、開かれた国境については100%動揺しか感じないし、(外で起きている)戦争が実際に国内に飛び火でもしたら自分や家族の命の危険にすご~く怯えるわ」と見解を述べた。

 リアーナは先日行われた【女性行進】や反トランプ集会にも参加しており、1月28日に大統領令を厳しく非難する内容のツイートを投稿していた。アジーリアの口撃に対し、リアーナはキスをする時のような顔のセルフィーに一言、「移民の自分が作る顔」と添え、明らかにアジーリアを茶化していると分かるハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿した。

 アジーリア・バンクスはこれまでもT.I.、イギー・アゼリア、エリカ・バドゥや俳優のラッセル・クロウなどと一悶着起こしてきた。

◎アジーリア・バンクスによる投稿
https://www.instagram.com/p/BP2xWNIhBin/
https://www.instagram.com/p/BP20RPwBc_3/
https://www.instagram.com/p/BP29o3LBm1A/

◎リアーナによる投稿
https://www.instagram.com/p/BP2zvwAgVlA/
https://www.instagram.com/p/BP28sbBg5Ar/

関連記事リンク(外部サイト)

シンガーとしての実力を余すことなく堪能できるリアーナの「ラヴ・オン・ザ・ブレイン」(Song Review)
リアーナ、キャリアを網羅した15枚組のアナログ盤ボックス・セットをリリース
ボウイ、リアーナ、アリアナからゼインまで、2016年の米ビルボード・チャート新記録を振り返る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy