ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語の発音が良くなる“TED”で本物に慣れよう!

English

日本人には、英語に対する苦手意識を持っている人が少なくないだろう。事実、筆者もその1人であった。“難しいものはできるだけやりたくない”という気持ちはみな同じだが、国際化が進む今のご時世、どうやら英語というものが必要不可欠になっているらしい。

TEDという団体をご存知だろうか。

TED(てど、英:Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで年1回、講演会を主催しているグループのこと。

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)といい、学術・エンターテイメント・デザインなどさまざまな分野の人物が講演を行う。講演会は1984年にごくごく身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料動画配信をするようになり、それが契機に広く知られるようになった。

「TED (カンファレンス)」『フリー百科事典ウィキペディア』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/TED_(カンファレンス)

今回読者には、この『TEDカンファレンス』で話されたジェイ・ウォーカーさんの実際のスピーチをご覧いただきたい。4分半の動画なので、ぜひ時間がある時にゆっくりご覧いただきたいと思う。題名は『ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱』だ。

「ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱」『TED』
http://www.ted.com/talks/lang/ja/jay_walker_on_the_world_s_english_mania.html

このスピーチで、ジェイ氏は「英語というのは津波のように他の言語を押し流すものではなく、あくまでも第2の言語である」としているが(3:27あたり)、この考え方が今後覆される可能性を示唆したい。

今すでに、“英語が話せること”を前提条件としている企業が際立っている。会社内の公用語や、ミーティングでの会話を英語のみにする会社が増えている、という事実を知っている読者もいるはずだ。それはつまり、どのような人であれ今後英会話ができるかできないか、または上手かそうでないかということは、仕事探しでも仕事で良い成果を残すうえでも、重大な要素の1つになりうるということである。

さて、少しずつ焦りを感じてきた人もいるのではないだろうか?そんな人に、英語の発音をネイティブのようにする方法を1つ紹介したいと思う。この方法は通勤途中の電車の中やどうしようもない暇な時間など、普段特に何もしない時間に行えばよい。

その方法とは、大きく2つに分けられる。まず、TEDのスピーチをとりあえず聴きまくることである。とーにかく聴きまくるのだ。今後たくさん聴くことになるので、ぜひオススメのTEDスピーチや、自分が実際に面白いと思ったスピーチを選ぶことをオススメする。スピーチの内容すべてを丸暗記してしまうくらい聴きまくろう。サブタイトルをつけて、内容を理解しながらでも構わないだろう。これだけでも、すでに英語のリスニング能力は大幅に向上するはずだ。ネイティブ特有の、スピード感あふれる英語にもついていけるほどに、である。

少しずつ覚えてきたら、今度はスピーチを後追いしてみる。つぶやく程度でも構わない。重要なのは、後追いの時にスピーカーの発音をできるだけ真似ることに集中することである。最初のうちは難しくても、続けて練習すれば少しずつ発音が本物に近づいてくる。ネイティブの発音に近づけば、その分だけ自分の発音が良くなっている証しなので、常に100%の発音を意識することが大事なのだ。そうすることで、いずれ実際にネイティブの外国人と話した際、または『iOS』向けのアプリ『Siri』に話しかけた際にも、ちゃんと理解される英語の発音を身につけることができるだろう。

筆者は1つの動画に対してこの方法で2か月ほど、暇な時間がある時のみに発音の練習を行ったが、ネイティブのスピーカーの発音と自分の発音をなかなか似せることができたと思う。似せる過程で、発音するときの舌の動きに集中するようになったり、イントネーションに気をつけたりと、普段気にしないことを気にするようになった。この方法が英語の発音を向上させるうえで、ベストな方法であるという確証が筆者にあるわけではないが、少なくとも筆者自身には最もしっくりきている。読者の皆さんにはぜひ一度「だまされた!」と思って、この方法を試して頂きたい。

トップ画像:google image “English” から

※この記事はガジェ通ウェブライターの「shohe_i」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
主に英語、おもしろ系全般、その他ためになると思った情報を発信します。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy