体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHAI、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”から初アナログ盤&ハイレゾをリリース

CHAI、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”から初アナログ盤&ハイレゾをリリース

CHAIがOTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”からの第一弾流通作品として新曲を両A面で3月1日にリリースすることが決定した。

CHAIは、女の子なら誰もが抱えるコンプレックスを肯定し、“NEOカワイイ!”“コンプレックスはアートなり!”という新しい価値観を音楽で表現する、今中毒者続出中の”NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”。今年3月開催の〈2017 SXSW Music Festival〉にも出演し、あわせて全米の8都市をまわるアメリカツアーも決定しており、注目を集めている。

CHAI初のアナログ盤としても注目を集める今作は、音楽配信サイトOTOTOY×日本で唯一のレコードプレスメーカー東洋化成のコラボレーベル“TOYOTOY”の第一弾流通作品で、ライヴでも人気の2曲を収録。SIDE Aは今回の企画以前にメンバーが「OTOTOY=音と胃」を連想して「おなかグー!」「ベーリグー!」と勝手に書き下ろしたごきげんなナンバー「Sound & Stomach」。SIDE AAには、エッジが効いたパンクでオルタナティブなサウンドに、世の中のセコイ男たちあるあるを交え、女の子をサポートする気持ちを歌いあげた2017年最初の問題作「ボーイズ・セコ・メン」を収録している。

また、本日よりOTOTOYにてCHAIメンバーによる東洋化成末広工場見学の模様を特集ページにて掲載開始。レコードが一枚一枚丁寧に作られる工場での見学初体験の様子と、CHAIメンバーが立ちあった本作のカッティング風景が掲載されているので必見だ。

そんな彼女たちが夢のグラミー賞受賞を目指すための主催イベント、〈”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season2〉の2月21日(火)下北沢BASEMENT BAR・東京編と、2月23日(木)南堀江knave・大阪編の追加出演者も発表となった。東京編には、おとぎ話、TENDOUJIのほかに、話題沸騰謎のクリエイターパン集団「チーム未完成」のDJ SHIORI(チーム未完成)のパン投げDJの参加が決定。大阪編にはすでに発表となっているあっこゴリラに加え、ワンダフルボーイズとナードマグネットの2組の出演が追加発表された。ナードマグネットは以下のようなコメントを寄せている。

「CHAIのライブはいつも洋楽カバーに乗せた「物販そこで売ってるよ~」ネタを楽しみにしています。今度はリアーナとかどうですか?リアーナ風のメイクめっちゃ似合いそうじゃないですか?」

なお、自主企画の2日間はTOYOTOYレーベルからリリースの7インチレコード盤「Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン」を会場・数量限定で先行販売することも決定しており、ナードマグネットからのリクエストを受けたCHAIの不意打ちの本気サウンドで「物販」について歌うパフォーマンスでも、レコード盤フラゲについてその日限りのネタが盛り込まれるのかも期待したい。出演者が全て公開になりCHAI的グラミー賞の受賞部門も明かされたので、それぞれのアーティストが一体どんな部門を受賞しているかも要チェック。チケットは、各プレイガイドにて残りわずかとなっているので急いで手に入れてほしい。

—————————————————————————–

●CHAIからのコメント

・「OTOTOY+東洋化成=TOYOTOY」について
CHAIだよ!CHAIがOTOTOYと東洋化成のコラボ企画の第1弾アーティストに選ばれちゃったーーーー!
だもんでね、ハイレゾ配信と初の7インチレコード発売、いえーーーーーーい!うれし!
ハイレゾとアナログっていうリリースがむっちゃ面白いもんで、
ぜひどっちも聞き比べてみたら、どうかな?
音質がサイコーにいいハイレゾと古きよき7インチレコードの音が重なっちゃったら、
これはもう、NEOでしかないよね。
NEOといえば、CHAIだよね。笑!
CHAIはハイレゾもレコードもぜんぶ食べて消化して、発信するに~。
チェケラッチョ。

・「Sound & Stomach」
勝手にOTOTOYのテーマソングをつくった!OTOTOYって「音」と「胃」かな~って思って。音楽を聴くことと、お腹がいっぱいになることは、おんなじくらいハッピーってことだよね。そーいう曲!

・「ボーイズ・セコ・メン」
セコい男から女の子を守る歌なんだけど、
かっこいい人はみんなセコくてズルくてヤスいから、魅力的だよね。
魅力的なセコい男に騙されたらいかんよ。
でも、騙されるよね、だって、魅力的なんだもん。
みんな1回は経験あるよね。
てか、ボディータッチとかズルくない?意識しちゃうよね。そーいう曲。

・初の7インチアナログ化について
大きくてなんかかわいい。溝から音がでるなんて、すんごくおもろいよね!
思ったより音が古すぎんくて、でもピカピカすぎんくて、すごい好きなんだー。
音にも丸みがあって、トゲがなくてやわらかいこの感覚はレコードにしかでせん音だよね!だから、嬉しい楽しい大好き!これからもレコードを作り続けたいってむっちゃ思ったよ。ハッピー!まずはレコードを聴けるものを買おう!

——————————————————————————–

現在、CHAIの1st EP『ほったらかシリーズ』がOTOTOYから配信中なので、東洋化成末広工場見学特集ページを読みつつこちらを聴いて彼女たちの世界を体感してみよう。(岡本)

・CHAIメンバーによる東洋化成末広工場見学 特集ページ(OTOTOY)
http://ototoy.jp/feature/20170125005
・CHAI 1st EP『ほったらかシリーズ』OTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/130973

CHAI
「Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン」
2017年3月1日(水) 同時発売
レーベル:TOYOTOY
品番:TOYOTOY-003
●アナログ盤
フォーマット:7インチ
小売価格:1,300円(税抜)
●ハイレゾ配信
・配信形態
24bit/96kHz WAV / ALAC / FLAC
アルバム 500円(税込) / 単曲 250円(税込)
mp3 / AACのみ単曲 200円(税込)
※なお2017年2月21日(火) 下北沢 BASEMENT BAR(東京)、2月23日(木) 南堀江knave(大阪)の2会場にて、数量限定・会場特典付きで先行発売をいたしますことご了承ください。先着順での販売の為、無くなり次第終了となります

〈”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season2 in TOKYO〉
2017年2月21日(火) 下北沢 BASEMENT BAR(東京)
出演:CHAI / おとぎ話 / TENDOUJI/ DJ:DJ SHIORI(チーム未完成)
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,500 / DOOR 未定 (+1drink)
<一般発売>
ぴあ (Pコード:316-902)、http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1655102&rlsCd=001&lotRlsCd=
ローソン (Lコード:70117)、http://l-tike.com/order/?gLcode=70117
e+ http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002209676P0030001P0006
ライブ会場限定手売りチケット(特典付き)
問合:VINTAGE ROCK std. 03-3770-6900 (平日12:00~17:00)

〈”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season2 in OSAKA〉
2017年2月23日(木) 南堀江knave(大阪)
出演:CHAI / あっこゴリラ /ワンダフルボーイズ /ナードマグネット
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,500 / DOOR 未定 (+1drink)
一般発売
湯仲間直売所
ぴあ (Pコード:317-075)、http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1655394
ローソン (Lコード:51705)、http://l-tike.com/order/?gLcode=51705
e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002209676P0050001P006001P0030002ライブ会場限定手売りチケット(特典付き)
主催:清水音泉
問合:清水音泉 06-6357-3666(平日12:00~17:00)

CHAI / ”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season2

https://www.youtube.com/watch?v=5Cv_JsZqzX8
CHAI、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”から初アナログ盤&ハイレゾをリリース

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。