ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MEW、いつもの制作サイクルを打ち破ったニュー・アルバムが完成!

MEW、いつもの制作サイクルを打ち破ったニュー・アルバムが完成!

デンマークの人気オルタナティヴ・ロック・バンド、MEW(ミュー)が4月28日に7作目のアル
バム『ヴィジュアルズ』をリリースすることが決定した。

一時脱退していたベーシストのヨハン復帰後初、そして約5年半ぶりとなる新作『+-』を2015年4月にリリースしたあと、〈サマソニ〉出演、単独公演など7ヵ月で3度の来日を果たしたMEW。その後もヴォーカルのヨーナスは同年9月発表のデュラン・デュランの新作『Paper Gods』収録の「Change The Skyline」にゲスト参加したり、同郷の女性シンガー・ソングライターのアグネス・オベルのMVを手がけるなど、多忙を極めていた彼らだったが、ついにMEWとしてのニューアルバムが完成した。

前作『+-』から約2年ぶりという、MEWにしては短い間隔でリリースされる今作は、フロントマンであるヨーナスに言わせると「前作で行ったツアー中はクリエイティヴィティの限界に達してしまうかと思うほど曲を書きまくって、最高の状態だったんだ。だからいつもの制作サイクルを一度打ち破ってみるのがとても正しいことに思えた。いつものように3年~4年待つんじゃなくて、ワールドツアーで蓄えたエナジーを使って成り行きのままにアルバムを作りたくなったんだよ」とのこと。

コペンハーゲンにあるスタジオでバンドのセルフ・プロデュースで制作され、ヨーナスの言葉どおりなんと1年もかからずに完成させたという今作は、バンド史上最も簡潔ながらも一つ一つの曲に違った物語が隠されているそう。また、MEWらしい多幸感あふれるスローな楽曲から実験的な80’sポップ風の楽曲まで、さまざまなスタイルの11曲が収録されたアルバムには昨今の国際情勢も反映されており、歌詞についてヨーナスは「昨年は多様なレベルでかなり暗い一年であったように思う。だから歌詞は自発的に出てきたと言ってもいいんじゃないかな。今この場所に銘記されるような大切なリマインダーなんだ」と語っている。

そんな新作より、アルバムの最後に収録される新曲「Carry Me To Safety」が公開中! アルバム発表と共に公開されたメンバー総出演のティザー映像と共に、ぜひチェックを!

20年のキャリアを持ちながらも、その人気はまったく衰えることがないMEW。新作のリリースと共にヨーロッパ・ツアーも発表されたが、まだまだこのあともたくさんのショーが発表されるとのこと。日本にまた戻ってきてくれる日も近いかも!(田山雄士)

『ヴィジュアルズ』
海外発売日:4月28日
※日本盤詳細は追って発表
<収録曲>
01.Nothingness and No Regrets
02.The Wake Of Your Life
03.Candy Pieces All Smeared Out
04.In A Better Place
05.Ay Ay Ay
06.Learn Our Crystals
07.Twist Quest
08.Shoulders
09.85 Videos
10.Zanzibar
11.Carry Me To Safety

「Carry Me To Safety」試聴

https://youtu.be/6w8SpxnhKuI
『ヴィジュアルズ』ティザー映像

https://youtu.be/hSqJNfzTkMo
MEW、いつもの制作サイクルを打ち破ったニュー・アルバムが完成!

『ヴィジュアルズ』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。