ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遂に全米TOP40入り! 抜群のサウンドセンスを持つラップ界の新星カイル「アイスパイ feat.リル・ヨッティ」(Song Review)

遂に全米TOP40入り! 抜群のサウンドセンスを持つラップ界の新星カイル「アイスパイ feat.リル・ヨッティ」(Song Review)

 米カリフォルニア出身、23歳の新星ラッパー、カイル(本名カイル・ハーベイ)の「アイスパイ」が、最新の米ビルボード・ソング・チャート(2017年2月4日付)で32位、ラップ・チャートでは12位まで上昇し、大きな注目を集めている。

 この曲は、2016年の夏に大ヒットを記録した、D.R.A.M.の「ブロッコリー」にフィーチャリング・ゲストとして参加した、リル・ヨッティがクレジットされていて、トラックも「ブロッコリー」ソックリの、ユルいトラップ・ソングに仕上がっている。

 カイル自身がリル・ヨッティにオファーをしたそうで、「ブロッコリー」そっくりのフックは、リル・ヨッティが数分で仕上げたとのこと。R&Bチャート、ラップ・チャート共に首位を獲得した「ブロッコリー」の続編的な要素もあり、「アイスパイ」のヒットも間違いなさそうだ。

 大胆なツーブロックと、コミカルなキャラクター、個性的なファッションにユルいダンスなど、色んな意味でインパクト絶大のカイル。これまでにリリースした楽曲もクオリティが高く、サウンドセンスも抜群だ。ラップと歌を絡めるスタイルと声質が、時にドレイクのようにも聴こえる。

 「キープ・イット・リアル」や「ダブル・イット」、「レイニング・ラブ」など、完成度の高いミュージック・ビデオも人気を集めていて、「アイスパイ」のミュージック・ビデオが、どういった仕上がりになるのか楽しみだ。2016年12月2日にリリースされ、登場4週目でTOP40入りを果たすスピード・ヒットを記録している「アイスパイ」。春先には、TOP10入りも期待できるかもしれない。

Text:本家一成

◎リリース情報
「アイスパイ feat.リル・ヨッティ」
カイル
2016/12/2 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/OuAh6O

関連記事リンク(外部サイト)

ナズ、自身のブランドから黒人歴史月間にインスパイアされたコレクションを発表
ソウルジャ・ボーイが銃の不法所持で起訴! C・ブラウンとのボクシング対決の行方は……?
ジャスティン・ビーバー、元カノとの熱愛が噂されるザ・ウィークエンドに辛辣コメント

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。