ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボードHOT BUZZ SONG】宇多田ヒカル「光」&ONE OK ROCK「We are」が急伸

【ビルボードHOT BUZZ SONG】宇多田ヒカル「光」&ONE OK ROCK「We are」が急伸

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週も星野源「恋」が11回目となる首位を獲得、2位は宇多田ヒカルが2002年にリリースした「光」が急浮上した。宇多田ヒカルが最もポイントが高かったのはダウンロード。ダウンロード配信スタート以降、首位をキープし続けている星野源「恋」に惜しくも破れて2位となったが、星野源に迫る勢いで急伸している。

 さらに、もう1曲【HOT BUZZ SONG】で急伸したのがONE OK ROCKの「We are」だ。内訳は、Twitter1位、ダウンロード7位、動画再生数5位といずれも高順位。1月9日に放送された初の地上波出演NHK総合『ONE OK ROCK 18祭』が大きな話題を呼んだが、以降もメディア露出が続いており、まだまだチャートを賑わせそうだ。

 その他、Suchmos「STAY TUNE」がTwitterの順位は落としたものの、ダウンロードは5位から3位へ、動画は21位から7位へと上昇し、【HOT BUZZ SONG】でも1ランク上げ6位。星野源「恋」、ピコ太郎「PPAP」、RADWIMPS「前前前世」に次ぐロングヒットを見せている。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年1月23日付)
1位「恋」星野源
2位「光」宇多田ヒカル
3位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
4位「We are」ONE OK ROCK
5位「前前前世」RADWIMPS
6位「STAY TUNE」Suchmos
7位「モノクロ」Flower
8位「サイレントマジョリティー」欅坂46
9位「ハッピーエンド」back number
10位「道しるべ」舞祭組

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100 2017年1月23日付
【ビルボード】ONE OK ROCK、2年ぶり新作が総合AL完全制覇
【ビルボード】星野源「恋」、ミスチルを抑え6週連続でJAPAN HOT100総合首位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy