体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『エージェント・オブ・シールド』フィル・コールソンインタビュー「彼は矛盾の塊なんだよ(笑)」

145526_0105_2

マーベル・コミックに登場する架空の組織「S.H.I.E.L.D.」のエージェント達が様々な怪事件に挑んでいく、アベンジャーズスピンオフ作品『エージェント・オブ・シールド』。シーズン3が2月3日よりブルーレイ/DVDリリース&一挙デジタル配信開始となります。

ガジェット通信は、12月初旬、この『エージェント・オブ・シールド』新シリーズが撮影されている、シールドのヘッドクォーター見学や、キャストインタビューなど取材を行ってきました。記事一発目は、もちろん、ドラマの中で、少数精鋭のエージェント達を指揮するフィル・コールソン!

映画『アイアンマン』や『アベンジャーズ』等で大活躍する、“マーベル界の中間管理職”であり、常にビシっとしたスーツを身にまとい、銃の扱いもなんのその、時々見せるユーモアもたまらない人気者です。コールソン役のクラーク・グレッグさんによる貴重なエピソードやコメントは読み逃し無く。

145526_0078

―フィル・コールソンはシリーズと通して色々なな変化をしてきましたが、演じていて彼の変化をどの様に見て来ましたか?

クラーク・グレッグ:コールソンがこれまでいろいろな変化をして来たと見抜いているのは鋭い観察だと思う。彼はまず2007年の『アイアンマン』でマイナーな脇役で初登場した。その時僕は、コールソン役はこれで終わりだと思っていたが、その後、少しずつ様々な登場人物との関わりによって、新たな要素が加わり段々キャラクターが膨らんでいった。違うライターが少しずつ新たな要素を加筆して行き、コールソンという人物は変化していったと思う。ところが『アベンジャーズ』で彼は殺されてしまう。僕はそのときこそ「これで終わりだ。これが彼の最終章だ」と本を閉じてしまうような感じだった。その後、コールソンがテレビで蘇るかもしれないと教えられて、今となっては毎週新しいチャプターを開きそのたびに新しいコールソンを知り、彼の過去を紐解いている。彼の変化に伴って彼に振りかかるチャレンジもどんどん変化していると感じている。

―フィル・コールソンは何かが起こるたびに決断を下さなければならなりません。賢明な決断、ずるい決断、厳しい決断。彼の決断の中であなた個人が気に入って「これは使ってみよう」と思うようなものはありましたか?

クラーク・グレッグ:あります!それは彼のリーダーシップ。僕は彼のリーダーシップの取り方に感銘している。それはかなり実用的なものなんだ。このシリーズの脚本家たちがコールソンのリーダーとしての方向性を実に上手いやり方で進めている。
シールドの進み方に逆らって大きく邪魔するような事をした人の中にも何か利用できる要素があるのでは無いか?と彼は考える。その部分を徹底的に考慮し何かを見つける。それを上手く活かして、シールドにとって得になるように使う戦略なんだ。相手のやり方を見抜き理解する事でコールソン自身が騙されない為の戦略でもある。敵より一歩先にいると言う感じだ。他の人たちが敵と見ても、コールソンは敵だから寄せ付けないという事をしない。「もしかしたら自分の側で上手く使えるかもしれない」と考えるのがコールソンなんだ。その良い例がスカイ。

彼女はシールドを破壊しようとしていたハッカーだった。でも今ではコールソンの娘みたいな存在で彼にもっとも近い人になっている。シーズン2の中では彼女の父親もコールソンがどんな人物なのかを理解するようになる。(確かあれはシーズン2だったよね?と確かめている)シーズン3ではその部分がもっと登場する。

―マーベルの世界に居るのはどんな感じなのでしょうか?

クラーク・グレッグ:マーベルの世界を知ったのは僕がまだ少年の頃だった。マーベル・コミックを沢山読んだし、特にアイアンマンが大好きだった。だからアイアンマンを映画化すると聞いた時は興奮したよ。僕の近所に住んでるジョン・ファブローが「もし興味があるならアイアンマンの中に小さいが君にピッタリの役があるんだ。」と声をかけてくれた。勿論「やりたい」と即刻答えたよ。だから今ではマーベルユニバースの最前列で眼を見開いて見ている感じだ。その世界の一部に自分がなってるなんて嬉しい事だよ。アニメシリーズの中でもコミックの中でもコールソンを見る事ができる。いつも僕の中の10歳の少年と一緒に仕事に行けるという素晴らしい楽しさがあるんだ。

―マーベルの中でどのヒーローが特に好きですか?

クラーク・グレッグ:その質問はいつも答えが簡単に出ない質問なんだ。それにはいろいろな理由がある訳だけど、フィル・コールソンはアベンジャーズのエキセントリックな叔父さんって感じなんだ。それぞれのアベンジャーズのベビーシッターをしなければならなかった叔父さんなんだ。だから彼らは皆コールソンに取って可愛い甥みたいなものだ。コールソンのキャプテン・アメリカに対する心情はよく知られているよね。時間が経つに連れて『エージェント・オブ・シールド』の中にマーベルのヒーロー達が登場する。これから登場するヒーローでコールソンに近い存在のヒーローが居るんだ。多分その時点ではこのヒーローがコールソンのお気に入りと言うことになるんじゃないかな。でもそれが誰かは今は言えない。シーズン3を見てない人に言ってしまったら楽しみを壊す事になる(笑)それは君達も知ってる有名なヒーローだと言う事は教えておこう。

―アメリカン・コミックが世界的にこれほどまでに人気を博している理由はなんだと思いますか?

クラーク・グレッグ:はっきりは掴んで無いがアメコミは随分昔から人気があった。40年代?スーパーマンは古いだろう?50年代には結構人気を博していたような気がする。いつも何らかの形で僕達の前にあった。時代と共に人気の対象が変わって行くだとうと言われていたけど、アメコミのヒーローたちは消えなかった。変化はあったけど基本的には変わっていない。テクノロジーの進歩は確実にアメコミの人気を支えている。コミックと言うものが伝えるストーリーは他のストーリーテリングと違う。現実離れした事をどんどんすることで見てる者を魅了する。見てる人は自分たちにできない事をしてくれるキャラクターに惹かれる。それがテクノロジーの目覚ましい進歩でどんどんストーリーテリングが魅力的になる。僕が関わった『アイアンマン』は進歩するテクノロジーを上手く使ったアメコミ映画のスタートだったと言える。テクノロジーが発達したことでこの手のテレビシリーズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』とか『ウエストワールド』とかDC シリーズとかが可能になった。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy