ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーフィンの新たな形!Swagtronの電動サーフボードで快適波乗り

Swag1

ホバーボードや電動スクーターで注目のスタートアップSwangtronが、初となる電動サーフボードを発売する。

・Swagtronによる「SwagSurf」

米ラスベガスで行われたCES(国際家電見本市)で発表された。その名も「SwagSurf」。本体は全長8フィート(約2.5m)だが、3つに折りたたむことができ、小型のキャリーケースに入れて持ち運ぶことが可能だ。

頑丈なドロップステッチ構造で、中を押すと、空気ではなく泡で満たされているような感覚だという。本体背面には、スピードをコントロールするためのワイヤレスリモコンと小型モーターが装備されている。

底面には安定のためフィンと、その前に水中翼が取り付けられており、その水中翼がボードと人を持ち上げることになる。安定性維持のため、SwagSurfが完全に水面をかき分けるわけではないが、充分な走行性能を誇るとのこと。

・バッテリーは取り外し可能!

一度のチャージで44分間の走行を楽しめ、最大時速は15マイル(約24km)だ。バッテリーは取り外し可能のため、予備バッテリーを準備しておけば、すぐに取り換えることができる。長時間楽しみたい人にはありがたい機能だろう。電動であるがゆえに、波がなくても、そもそも海だけではなく川でも楽しめるのも大きな魅力。

Swangtoronによると、今年の第1四半期中の販売を目指しているが、現時点ではまだ試作段階で、実際の販売までには改良が加えられる予定だ。価格は2400ドル(約28万円)程度になる見込みとのこと。決して安い買い物ではないが、マリンスポーツ好きな方は、ぜひチェックしてみてはいかが。

The 10 Weirdest Gadgets of CES 2017
Swagtron’s electric surfboard can ride over the waves

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。