体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【珍種ラーメン】秋葉原で密かにささやかれる絶品ハイブリッド麺「タコスラーメン」の味とは?

f:id:Meshi2_IB:20161130125758j:plain

皆さん、はじめまして。このたびメシ通レポーターになりました鷺ノ宮やよいです。「食べるの大好き」を自認するだけあり、筆者のツイッターにはよく食べ物関連のツイートが流れてくるんですが、あるときタイムラインで目にしたのはこんな衝撃画像。

丼にこんもりと盛られたタコスの具。

しかし画像に添えられたツイートには「ラーメン」という文字が……。いったいどういうことなのかワケがわからない!

というわけで、今回はラーメンの上にタコスの具が乗った「タコスラーメン」を食べに秋葉原にあるお店「BLAISE」に行ってきましたよ!

秋葉原駅から歩いて行ってみた

f:id:Meshi2_IB:20161209173425j:plain

お店の場所は、東京メトロ銀座線「末広町」駅3番出口を出てすぐ。

秋葉原駅から歩いても10分程度の距離です。

f:id:Meshi2_IB:20161209173446j:plain

筆者はこの日、秋葉原駅で電車を降りて電気街口から歩いて行くことに。

家電量販店やパソコンショップにアニメやゲーム、アイドルといったサブカルチャーが溶け込んだ一種独特の街並みは、もうアキバならでは。

何度おとずれても圧倒されるものがあります。

f:id:Meshi2_IB:20161209173504j:plain

そうした熱気を感じつつお店まで行くのも、なかなか楽しいものです。だって“どんな街で食べるか”というのも、食を彩るいいスパイスになったりするから。

タコスラーメン。その衝撃のビジュアルと味

f:id:Meshi2_IB:20161130125755j:plain

さて、お店に入ると店主の遠藤さんが「いらっしゃいませー」と迎えてくれました。さっそくタコスラーメンを作っていただくことにします。

f:id:Meshi2_IB:20161130125742j:plain f:id:Meshi2_IB:20161130125744j:plain

遠藤さんが手際よく調理を進める間に、店内を観察する筆者。

すると、アニメ系のグッズがいっぱい飾ってある一角を発見!

ーーこれらは遠藤さんのご趣味ですか?

「いえ、うちに来たお客さんが置いてってくれて。自宅に置くにも限りがあるのでこちらにも飾っているんです」

……なるほど! 秋葉原っぽいエピソードです。

そうこうしているうちに、タコスラーメンが運ばれてきました。

f:id:Meshi2_IB:20161130125747j:plain

▲タコスラーメン(550円)

……こ、これは……ゴクリ。

f:id:Meshi2_IB:20161130125748j:plain

ツイッターで画像は見ていたけれど、実物を目にするとさらに衝撃度が増しますね。スープがたっぷり入ったラーメンどんぶりにひき肉やチーズ、エビ、キャベツといったタコスの具がドン。ご丁寧にトルティーヤチップスも添えられてるよ! 普通のラーメンで言えば海苔が来る位置だからね、ここ。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。