ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吸血鬼>人間>ゾンビの種族カーストにエイリアンが殴り込み!? ジョナ・ヒル製作ホラーコメディ『フリークス・シティ』

Freaks_flyer_fix_LOW

スクールカーストごときで騒いでいる場合ではございません。そもそも人間なんて良くも悪くもない“真ん中”だったようです。ヴァンパイアが上位カースト、人間が真ん中、ゾンビが下位として共存する世界を舞台にしたSFホラーコメディ『フリークス・シティ』が日本上陸。

吸血鬼はチルドパックの血を、ゾンビは缶詰の脳みそを食べ、人間たちと共存していましたが、突如襲来した大量のエイリアンによってその平和は破壊。吸血鬼もゾンビも人間を襲いはじめ、街なかの人間たちは吸血鬼になるかゾンビになるかあるいは喰われすぎて死ぬかの3択状態に。この世界を救おうと立ち上がったのはスクールカーストでも下の方の3人組。ヘタレの高校生ダグ、好きな男(吸血鬼)のせいで吸血鬼となってしまったパトラ、天才だったのに知能指数の低いゾンビになってしまったネッド。一番頼もしいはずのネッドが「脳みそ……」としか言わなくなってしまったけれど、果たして世界を救う道はあるのか。そしてエイリアンの驚くべき真の目的とは――?

KITCHEN SINK

ちなみに3人ともヴァージン。いとおしい。

製作総指揮は『21ジャンプストリート』シリーズ、『ディス・イズ・ジ・エンド』、『ソーセージ・パーティー』など、彼の名がつくコメディにハズレ無しのジョナ・ヒル。脚本は『22ジャンプストリート』のオーレン・ウジエル。ダグが恋するビッチ役に『ハイスクール・ミュージカル』のヴァネッサ・ハジェンズ、パトラが恋する吸血鬼役に『ゴシップ・ガール』のエド・ウェストウィックが務めていたりとなんだか豪華。

おバカでニクめない愛すべきキャラクターたちとギャグの応酬、ぶっ飛び展開でコメディとしても傑作ですが、“吸血鬼とゾンビと人間が共存したらこうなった!”という世界観の作り込みも見どころ。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』や『ゾンビーノ』が好きな方はグッときちゃうんじゃないでしょうか。しかし元は人間だったゾンビが下位になってしまうのは切ないですね……。

映画『フリークス・シティ』は1月24日より、特集上映『未体験ゾーンの映画たち』にて公開です。どうぞお楽しみに。

作品概要

上映スケジュールは『未体験ゾーンの映画たち2017』公式サイトをご確認ください。
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

『フリークス・シティ』
原題:Freaks of Nature 2015年/アメリカ/92分
製作総指揮:ジョナ・ヒル『ソーセージ・パーティー』
製作:マシュー・トルマック『アメイジング・スパイダーマン』1&2
監督:ロビー・ピカリング『ナチュラル・セレクション~ほんとうの私に出会う旅』
編集:クレイグ・アルパート『ピッチ・パーフェクト2』
脚本:オーレン・ウジエル『22ジャンプストリート』

(C) 2015 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。