体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【鉄道メシ】世界でいちばん鉄道に近いカフェ?「N3331」【秋葉原】

f:id:Meshi2_IB:20161225092911j:plain

三度のメシより鉄道大好き! ライターの望月崇史(もちづき・たかふみ)です。

だからこそ、大好きな「鉄道」を見ながら「メシ」を一緒に味わえば、もっと美味しいハズ……。そんな飽くなき「美食」追求の思いから、今回スタートする「ライター望月崇史の鉄分補給メシ」。列車を見たり、レールの音を聞いて、“鉄分”を補給しながら、メシを楽しめるお店を訪ねます。

第1回目は、鉄道に世界一近いお店とのウワサの「N3331」を訪ねました。

「マーチエキュート神田万世橋」にある「N3331」

東京の真ん中を貫く中央線。正確には中央本線という、東京~名古屋間を結ぶ路線です。

このうち、東京~高尾間を中心に走るオレンジ色の帯を巻いた電車は、中央線快速電車。国鉄時代から常に最新車両が投入され、沿線人気も高い東京を代表する花形通勤路線です。

f:id:Meshi2_IB:20161225094421j:plain

▲中央線快速、E233系

現在、快速電車にはE233系が充当され、数年後にはグリーン車の連結も予定されています。

f:id:Meshi2_IB:20161225094438j:plain

▲中央線快速、E233系

中央線の下り快速電車は、始発駅・東京を出ると、神田、御茶ノ水、四ツ谷、新宿、中野の順に停まり、平日は中野から各駅停車、週末は荻窪に停まって吉祥寺から各駅に停まります。

朝のピーク時にはおよそ2分間隔で運行、日中は中野の先、三鷹、国分寺、立川の順に停まる「中央特快」「青梅特快」も毎時5~6本運行されるなど、様々な種別が走る中央線。

この中央線の中で、近年大きく注目を浴びているスポットがあるんです。

f:id:Meshi2_IB:20161225094457j:plain

▲万世橋駅跡、2006年筆者撮影

昭和18(1943)年まで、神田~御茶ノ水間にあったのが「万世橋(まんせいばし)駅」

昔から中央線のこの区間を乗ると、上下線の間にホームの跡を見ることが出来ました。

駅の詳しい歴史については「旧万世橋駅」ホームページにお願いするとして、私の世代にとってこの場所はなんといっても「交通博物館」!

私自身「交通博物館」の展示では、中央線でかつて走っていたオレンジ色の101系電車の「ドアと開閉装置」のカットモデルが大好きでした。

お客さんが少ない時は、ほぼ自由にドアの開け閉めし放題という何ともぜいたくな展示。

加えて実際の新幹線で使われていたという”パタパタ”こと、フラップ式の列車案内板も自由に操作できて、本当に楽しいひと時を過ごした記憶が今でもよみがえります。

そんな「交通博物館」が移転すると聞いた時は大きなショックを受けたものですが、

最後に「交通博物館」はとても粋なことをやってくれました。「交通博物館」はかつての万世橋駅舎を使って作られていました。

その博物館とつながっていた赤レンガの高架橋の中にホームに登る階段など、およそ70年もの間にわたって封印されたまま残されていたものを特別公開してくれたんです。

昭和戦前までの空気がそのまま残されたような空間に、私は大きな感動を覚えました。

でも、この感動は一時の夢では終わりませんでした。

博物館移転から7年、平成25(2013)年に、旧万世橋駅はこの遺構を活かして「マーチエキュート神田万世橋」という商業施設に再生されたのです。

明治~大正~昭和とこの地が輝いていた時代の空気そのままに、見事今風にリノベーションされて、誰もがいつでも集える場所に生まれ変わりました。

あの時の感動が、夢から現実のものに……。

そんな旧万世橋駅のかつてのホームに、「N3331」はあるんです。

f:id:Meshi2_IB:20161225094523j:plain

▲旧万世橋駅に作られた商業施設「マーチエキュート神田万世橋」。「N3331」はこの中にある

鉄分補給するのに最適な席は……

「N3331」の入口は、その名も「1912階段」。

f:id:Meshi2_IB:20161225094537j:plain

明治45(1912)年4月の「万世橋駅」開業の時に作られた階段です。

階段は、厚い花こう岩や稲田石を削りだした重厚なもの。壁のタイルも東京駅のレンガなどに見られる「覆輪目地(ふくりんめじ)」という、高級な施工がされているのも特徴です。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。