ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【100万円台から!?】現行型じゃなくてもいいじゃない! 2代目ハリアーをお安く手に入れよう!

▲中古車市場で人気の高い現行型ハリアーですが、ちょっと値段がお高め。それなら2代目ハリアーはいかがでしょうか?

▲中古車市場で人気の高い現行型ハリアーですが、ちょっと値段がお高め。それなら2代目ハリアーはいかがでしょうか?

中古車でも人気の高い現行型ハリアー、でも価格はちょっと高い?

昨年末から何度か記事などでお伝えしてきたとおり、今回のカーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーに輝いたのはトヨタ ハリアー(現行型)。見た目のラグジュアリーさなどが特徴のSUVで、若い世代からも人気を誇っています。

中古車市場での人気も納得のかっこよさなのですが、一つだけ欠点が……そう、価格がちょっと高いところ。2017年1月12日時点の平均価格は約331万円と、国産中古車でこの価格? と思ってしまうほどお高め。もともとの新車価格も高いですし、物件をよく見ると低走行物件が多いなど、価格が高いのにも納得がいくのですが、それでも300万円とかはきつい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でもハリアーブランドにこだわりたい! そんな方にオススメしたいのが、2003から2013年にかけて生産された2代目ハリアーです。最新の装備などで比べてしまうと現行型には劣りますが、100万円台から良物件を探すことができるんです。

2代目ハリアーって?

2代目ハリアーは2003年から2013年にかけて生産されたラグジュアリーSUV。当時ハリアーは、北米でレクサス RX名で販売され、人気を集めていました。

エクステリア・インテリアは、現行型と同様にラグジュアリーさが際立つデザイン。現行型の方が多少、グリルやランプがシュッとした切れ長のデザインになっています。サイズはグレードにより多少変動はあるものの、2代目が全長×全幅×全高が4735×1845×1680(mm)、現行型が全長×全幅×全高4720×1835×1690(mm)となっており、2代目の方が少し大きめになっています。

▲先代モデルといえど、内装の高級感はなかなかのもの。これだけラグジュアリーなインテリアでありながら、100万円台で買えるのはお買い得ではないでしょうか

▲先代モデルといえど、内装の高級感はなかなかのもの。これだけラグジュアリーなインテリアでありながら、100万円台で買えるのはお買い得ではないでしょうか

現行型との最も大きな違いは排気量でしょう。現行型はガソリン車が2Lなのに対し、2代目は2.4L、3L(2003~2005年)、3.5L(2006年~2013年)の3種類。海外市場を意識して大排気量が設定されていましたが、日本で日常使いするなら2.4Lで十分でしょう。自動車税も安く抑えられますしね。

その一方で、大排気量モデルが好き! という人がいるのも事実。そんな方には、昨今のダウンサイジングブームで大排気量モデルは少なくなっているので、逆に3.5Lエンジンのモデルに注目してみてもいいかもしれません。ただし物件数は少ないのでご容赦を……。

オススメは100万円台で狙える2.4L後期型

さて、この魅力的な2代目ハリアーですが、100万円台で十分に良い物件が狙えてしまうんです。オススメは、全体の約8割の約670台を占めている2.4Lモデル。その中でも2006年以降の後期モデルの方が装備などが新しくオススメです。

走行距離が10万km以上など多走行の物件も中には見受けられますが、5万km以下に絞っても本体価格200万円以下の物件が100件以上と豊富。総額100万円台でも好条件の車が十分に探せます。4WDや特別仕様車などのモデルもこの値段帯で狙うことができるので、みんなと違う車を探している人でも満足できるはず。

ハリアーが欲しい方、現行型だけでなくぜひ2代目ハリアーも検討してみてください。

買い時のトヨタ ハリアー(2代目)を探す▼検索条件トヨタ ハリアー(2代目)×2.4Lモデル×H18年式以降×本体価格200万円以下×走行距離5万km以下×総額表示ありtext/編集部

photo/トヨタ

関連記事リンク(外部サイト)

買い時のトヨタ ハリアー(2代目)を探す

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy