ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

舞台『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』が開幕! 舞台写真とキャストコメントを紹介

大江戸鍋祭

12月23日より、舞台『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』が開幕する。出演者の三上真史さん・矢崎広さん・村井良大さんのコメントを舞台写真とともに紹介する。

大和田獏さん

歴史がなんとなく、そして楽しく学べちゃう、忙しい現代人にはお得な“歴史バラエティ番組”『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像~』。2010年4月に独立ローカル局4局で放送開始するやいなや、ジワジワと人気を獲得。2011年1月には、『新春戦国鍋祭〜あんまり近すぎちゃうと斬られちゃうよ〜』のタイトルで舞台化もなされ、こちらも開幕するやいなや連日超満員、当日券に徹夜組含め300名がキャンセル待ち、集客動員数1万人という大ヒットとなった。ファンからの熱烈な再演希望の声が鳴り止まず、ついに舞台化第2弾として新作の上演が決定! 今回は、『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』というタイトルで、商業演劇の殿堂・明治座に進出した。

今回、何となく歴史が学べるように題材に選ぶのは“江戸時代”。12月の師走という時期ということもあり、日本人が忘れてならないもの……亡き主君の仇を討つために命を投げ出した47人の勇者たち……『忠臣蔵』を上演します。しかし、そこはやはり戦国鍋にグツグツ煮込まれアレンジされたまったく新しい忠臣蔵が見られるぞ! 初日公演を明日に控え、三上真史さん、矢崎広さん、村井良大さんが意気込みを語った。

三上真史

柳沢吉保役:三上真史
「ここまで稽古をやってきて、後は思い切りやるだけです。実際に明治座へ入ってみて、歴史や伝統のある劇場だということを感じています。僕たちと“大江戸鍋祭”で明治座の歴史を変えたいと思います!」

矢崎広

浅野内匠頭役:矢崎広
「明治座の舞台に立つのは初めてなのですが、僕らがこの劇場で上演できるのは非常に幸せです。僕らだけができるような作品にしたいと思います。今年は心が痛む出来事もあった年なので、お客さんには明治座で大笑いしてもらって、皆で楽しく素敵な年末にしたいと思っています。是非劇場へいらしてください」

村井良大

徳川綱吉役:村井良大
「今回明治座という素晴らしい舞台で、また祭りが出来ることに気持ちが上がっていますが、冷静にみんなのチームワークを高めて素晴らしい作品になれるように頑張っていきたいです。今回の“大江戸鍋祭”で舞台を好きになる方、“戦国鍋TV”の世界を知って頂ける方、皆で楽しく来年を明るく迎えたいと思います」

こうご期待!

舞台『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』は、1部に芝居『最後の最後に忠臣蔵』、2部『元禄夢宴~大江戸SAMBAで無ト~』という2部構成となっている。2部はTHEエンタテイメントショーをコンセプトに届けるステージイベント。「元禄生態 生類アワレンジャー」、「松の廊下走り隊7」、「KIRA feat. 近松門左衛門」、「YASUBEI and GUNBEI」といった忠臣蔵を題材に結成された、個性豊かなユニットが歌い踊る。彼らのパフォーマンスに魅了されることは間違いないだろう。更に大阪公演では、会場となる梅田芸術劇場“初”の大晦日カウントダウン公演を決行。大晦日ならではのお楽しみイベントも予定されている。今年のクリスマスと年末は大江戸鍋祭で歴史の勉強だ!

『大江戸鍋祭~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~』
第一部 芝居「最後の最後に忠臣蔵」
第二部 元禄夢宴~大江戸SAMBAで無ト~
12月23(金)~26日(月)明治座
12月31日(土)梅田芸術劇場メインホール(カウントダウン公演)
【出演】
柳沢吉保:三上真史
浅野内匠頭:矢崎広
徳川綱吉:村井良大

毛利小平太:中村龍介
不破数右衛門:小林且弥
寺坂吉右衛門:滝口幸広
片岡源吾:大山真志
萱野三平:白又敦
大石主税:丸山隼
岡野金右衛門:井深克彦
武林唯七:二瓶拓也
浅野大学:五十嵐麻朝
矢頭右衛門七:井澤勇貴
間十次郎:上村龍之介
直陰:平田裕一郎
高田郡兵衛:寿里
上杉綱憲:長倉正明
清水一学:小谷昌太郎
小林平八郎:佐藤貴史
東山天皇:小林健一
吉良上野介:岩崎大

堀部安兵衛:兼崎健太郎

近松門左衛門:石井智也

町医者(Wキャスト):山崎樹範/平方元基

大石内蔵助:大和田獏

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。