ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【グラミー賞】ノミネート楽曲コンピ『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』ビヨンセ/ドレイク/ジャスティン・ビーバーら全21曲収録

【グラミー賞】ノミネート楽曲コンピ『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』ビヨンセ/ドレイク/ジャスティン・ビーバーら全21曲収録

 毎年、レーベルの枠を越え、【グラミー賞】の主要ノミネート楽曲をズラリ収録している、超豪華スーパー・コンピレーション・アルバム『GRAMMY(R)ノミニーズ』 。この2017年度版が、1月20日に全世界同時リリースとなるが、収録曲が発表されたと同時にiTunes Storeでのプレオーダーもスタートした。

 本作には、「年間最優秀アルバム」にノミネートされているビヨンセ、「年間最優秀レコード」、「年間最優秀アルバム」など4部門にノミネートされているアデル、「年間最優秀アルバム」など3部門にノミネートされているジャスティン・ビーバー、「最優秀新人賞」など2部門にノミネートされているザ・チェインスモーカーズ、世界中で大ヒットを飛ばしたルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」など2016年を代表する楽曲全21曲が収録される。

◎リリース情報
V.A『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』
2017/01/20 RELEASE
iTunes Store:http://apple.co/2j202cd
<CD>WPCR-17627 2,500円(tax out.)

1. BEYONCE / ビヨンセ
Don’t Hurt Yourself Feat. Jack White / ドント・ハート・ユアセルフ Feat. ジャック・ホワイト
※年間最優秀アルバム

2. TWENTY ONE PILOTS / トゥエンティ・ワン・パイロッツ
Stressed Out / ストレスド・アウト
※年間最優秀レコード、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

3. SIA / シーア
Cheap Thrills Feat. Sean Paul / チープ・スリルズ Feat. ショーン・ポール
※最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

4. DRAKE / ドレイク
Hotline Bling / ホットライン・ブリング
※年間最優秀アルバム

5. ADELE / アデル
Hello / ハロー
※年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

6. JUSTIN BIEBER / ジャスティン・ビーバー
Love Yourself / ラヴ・ユアセルフ
※年間最優秀アルバム、最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

7. THE CHAINSMOKERS / ザ・チェインスモーカーズ
Closer Feat. Halsey / クローサー Feat. ホールジー
※最優秀新人賞、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

8. KELSEA BALLERINI / ケルシー・バレリーニ
Peter Pan / ピーター・パン
※最優秀新人賞

9. MAREN MORRIS / マレン・モリス
My Church / マイ・チャーチ
※最優秀新人賞、最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

10. STURGILL SIMPSON / スタージル・シンプソン
Brace For Impact (Live A Little) / ブレース・フォー・インパクト(リヴ・ア・リトル)
※年間最優秀アルバム

11. ANDERSON .PAAK / アンダーソン・パーク
Am I Wrong Feat. ScHoolBoy Q / アム・アイ・ロング Feat. スクールボーイQ
※最優秀新人賞

12. DEMI LOVATO / デミ・ロヴァート
Confident / コンフィデント
※最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

13. ARIANA GRANDE / アリアナ・グランデ
Dangerous Woman / デンジャラス・ウーマン
※最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

14. KELLY CLARKSON / ケリー・クラークソン
Piece By Piece (Idol Version) / ピース・バイ・ピース(アイドル・ヴァージョン)
※最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)

15. LUKAS GRAHAM / ルーカス・グラハム
7 Years / セブン・イヤーズ
※年間最優秀レコード、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)

16. CARRIE UNDERWOOD / キャリー・アンダーウッド
Church Bells / チャーチ・べルズ
※最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)

17. KEITH URBAN / キース・アーバン
Blue Ain’t Your Color / ブルー・エイント・ユア・カラー
※最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

18. BRANDY CLARK / ブランディー・クラーク
Love Can Go To Hell / ラヴ・キャン・ゴー・トゥ・ヘル
※最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)

19. THOMAS RHETT / トーマス・レット
Die A Happy Man / ダイ・ア・ハッピー・マン
※最優秀カントリー楽曲

20. MIRANDA LAMBERT / ミランダ・ランバート
Vice / ヴァイス
※最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)、最優秀カントリー楽曲

21. TIM McGRAW / ティム・マグロウ
Humble And Kind / ハンブル・アンド・カインド
※最優秀カントリー楽曲

関連記事リンク(外部サイト)

【第59回グラミー賞】ノミネーション発表! ビヨンセが最多、日本からは坂本龍一と内田光子がノミネート
ビヨンセ【第59回グラミー賞】主要3部門含む最多9部門ノミネート! 自身の持つ最多ノミネート数記録を更新
2017年【グラミー賞】受賞なるか? J・ビーバーのマネージャーが応援動画を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。