ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

爆笑&ホロリ “女子”という生きづらさに向き合う『女子をこじらせて』

こじらせる――。それは、物事をもつれさせる、解決をむずかしくさせるという意味を持つ動詞。風邪をこじらせたり、“中二病”をこじらせたり、世の中には様々な“こじらせ”が存在しますが、女子をこじらせてしまったのが、AVライターの雨宮まみさん。ブログ「弟よ!」が大人気の彼女の著書『女子をこじらせて』が話題を呼んでいます。

雨宮さんは、主にエロのフィールドで活躍するライター。AV、性欲、女の自意識についての文章に定評があり、各雑誌やサイトで執筆しています。

『女子をこじらせて』は、そんな雨宮さんの“女子”という生きづらさに真っ向から向きあった半世記を綴った、怒濤の13万字。

「女子をこじらせて」「セックスをこじらせて」「私をこじらせて」の3章から成り、巻末には『モテキ』の作者・久保ミツロウさんとの特別対談も収録されています。

鳥山明の漫画にエロを見出し、大学受験の為に宿泊した東京のホテルでは有料チャンネルのAVを見漁り、サブカルとエロの間をフラフラし、バニーガールのバイトをしていた大学時代。そんな、確実に“モテ”ではないけれど、一概に“非モテ”とも言えない、こじらっせぷりが痛快です。

そして、AVライターという職業に就いたきっかけ、「女ということから逃げない」と決めた現在の雨宮さんの飾らない言葉たちは、職業や環境を飛び越えて元気がもらえるものばかり。「ようやく自分探しが終わった気がする」と締められたその言葉に思わずホロリとさせられるほど。

しかし、「やおい」にはまったり、ベリーショートで靴に安全ピンを過剰につけるなど、個性的すぎるファッションにはまっていた、いわゆる“黒歴史”的な過去は読んでいて思わず吹き出してしまうので、電車で読むのは要注意ですよ!

雨宮まみの「弟よ!」 – 公式ブログ

※画像はAmazon.co.jpより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき