ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『12月30日はなんの日?』パティ・スミスの誕生日、パンクの女王70歳に

『12月30日はなんの日?』パティ・スミスの誕生日、パンクの女王70歳に

 12月30日はパティ・スミスの誕生日。70年代のNYパンク・ムーヴメントの最重要人物として、また、女性ロッカーの先駆け的存在として、今も音楽のみならず、アート、文学、ファッション界に絶大な影響を与え続ける女王が70歳を迎える。

 結婚~育児期間はしばらくアーティスト活動から遠ざかっていたものの、現在までミュージシャン・詩人として活動を続けているパティ・スミス。今年6月には来日公演をおこない、デビュー当時から彼女を支えてきたレニー・ケイとともに円熟のパフォーマンスで日本のファンを魅了してくれた。また、12月10日におこなわれたノーベル賞の授賞式では、文学賞を受賞したボブ・ディランにかわり「はげしい雨が降る」を披露したことでも話題に。あまりの大役とその場の雰囲気に圧倒され、途中で歌詞が飛び、一度演奏をストップするハプニングもあったが、心のこもったパフォーマンスは多くの人に温かく好意的に受け入れられた。パティにとってディランは憧れの存在であり、10代の頃から愛してきた同曲のパフォーマンスについては何か月もの間絶えず練習を重ねて挑んだと後日明かしている。

関連記事リンク(外部サイト)

パティ・スミス、【ノーベル賞】授賞式でのパフォーマンスを中断した理由は?
パティ・スミスがノーベル賞授与式でボブ・ディラン「はげしい雨が降る」を歌唱、ボブ・ディランからは7分にもおよぶコメントが到着
ボブ・ディランが【ノーベル賞】受賞スピーチ“提供”、授賞式でパティ・スミスがディランをカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy