ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美肌は泡で作られる! 冬でもつっぱり知らずの「美しくなれる洗顔方法」

本格的な冬の到来。お肌の乾燥に悩んでいる女性も多いのでは? 洗顔後は肌がつっぱってしまって、あわてて化粧水をつける……。そんな方は、自分の洗顔方法を一度見直してみましょう。その乾燥、冬のせいではなくて自分のせいかもしれませんよ。

以前、「3分でお肌が変わる“顔筋マッサージ”」「メイク前の1分顔筋体操」で簡単に出来る美容法を私達に教えてくれた、美容家の田中愛さんが今回は肌トラブルを起こさないための、美肌洗顔方法を伝授してくれました。

用意するものは、泡立て用の洗顔ネットのみ。今まで使っていなかったという人も、100円ショップやドラッグストアでお手軽に購入出来ますので、これを機にぜひゲットを。洗顔フォームや石鹸をたっぷり泡立てる事が大切です。

そして、次に大切なのが、洗顔にどの指を使うか。5本の指の中で力が入りにくい順番は、小指→薬指→中指の順番ですので、薬指と中指で優しく洗顔します。あくまでも、指でこするのでは無く、泡でフワフワと押さえる様に丁寧に洗いましょう。

洗い流すときも出来るだけ水圧で。タオルも出来れば、乾いていない少しぬらしたタオルで、擦って拭くのではなく、優しく押し当てるように水滴を取って行きます。

せっかく洗顔を優しくしても、ふきとる時に肌に刺激を与えてしまっては意味がありません。動画の田中さんの優しいふきとり方を見ていると、いつも自分がしている洗顔がいかに乱暴だったか気付かされます。

毎日行う洗顔で、肌を美しくするも傷つけるも自分次第。動画でしっかりポイントをチェックして、美肌洗顔方法をマスターしちゃいましょう。

田中愛の「美しくなれる洗顔方法」

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。