ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

3D撮影可能な無敵の双眼鏡!? デジタル双眼鏡『DEV-3』レビュー

DEV-3を使ってみた!

近年、テレビ・パソコン・ゲーム機など次々3D化が進み、「どこもかしこも3D」となってきている。そんな中、11月11日にソニーはデジタルカメラの技術を応用した無敵の双眼鏡、デジタル双眼鏡『DEV-3』を発売した。デジタル双眼鏡というジャンルはまだ新しく、あまり話題になっていない。そのマイナージャンルから三国志に出てきた名馬、赤兎馬(せきとば)の如く登場した『DEV-3』は、双眼鏡としての基本性能を活かしつつ、3D撮影可能なビデオカメラとして使うことができる無敵のガジェットなのだ!

樹堂記者が早速見ちゃうぞ!

『DEV-3』は、“ビデオカメラを2台くっつけて双眼鏡にした”製品だ。ソニーのデジタル一眼レフカメラでも使用されている『Gレンズ』を2眼、総画素数420万画素の裏面照射型CMOSセンサ『Exmor R』を2枚、画像処理エンジン『BIONZ』を2個搭載している。映像は122.7万画素の電子ビューファインダで見ることになり、撮影している映像を見ることで双眼鏡として使用できる。右側のファインダに左側の映像、左側のファインダに右側の映像を出すことによって、3D表示を可能としている。

三脚の接続も可能 ボタンが多くて最初は戸惑うかも……?

『DEV-3』を実際に触ってみた! 『DEV-3』の大きさはW155×H88×D219mm、重量は約1.2kgだ。少し重めだがグリップがしっかりしているので、持ってみてもそんなに負担にはならない。男性なら片手でも十分に見ることができた。本機は結構ゴツくボタンやダイヤルも多いため、『AKIRA』や『攻殻機動隊』に出てきそうな印象を受ける。一見すると複雑で面倒そうだが、本体に付いているボタンの多くがメニュー画面からの操作で行える設定・機能のショートカットなので、最初は無理して使う必要はない。慣れた頃にボタン操作を覚えると、かなり便利になるだろう。本体にはメモリーが内蔵されておらず、本体側面にメモリースティック PROデュオ、SDカードを差し込めるメモリーカードスロットを搭載している。また、側面のフタの中にはマイク、ヘッドホン端子とHDMI出力、AVリモート端子、USB端子があり、本格的な映像撮影や、『ニコニコ生放送』用のカメラとしても使えそうだ。バッテリーは底部から差し込む形になっており、付属のバッテリーの他、大型バッテリーの『NP-FV100』も装着出来た。ただし、大型バッテリーにするとその分重くなるのは注意。

片手持ちも可能だ

『DEV-3』を使ってみる。早速双眼鏡を覗きこみたいが、まずは視度調整を行なう。ファインダーのダイヤルを回し調整を終えたら、ファインダーの間にあるつまみを引っ張り出し回すことで、ファインダーの幅を両目に合わせる。よし、それじゃあのぞくぞ……とのぞいても真っ暗。双眼鏡の電源をオンにしないと何も見えないぞ! 使用する際は電源切れに気を付けなくてはならない。

1倍で撮影 10倍ズームで撮影

この双眼鏡の一番の特徴と言えるのが、動画と静止画の録画だ。動画は3D記録も可能となっているので、『DEV-3』があればビデオカメラは必要なくなってしまう! 実際に撮影してみると、映像の鮮明さに驚かされる。手ブレ補正もしっかりしており、2D撮影時の10倍ズーム時でも目標をしっかりとらえることができた。メニューは、SONYのデジタルカメラと同じインターフェースを使用しており、ますますビデオカメラのような双眼鏡である。双眼鏡でのぞいた景色や場所が全て3Dで表示されるのはかなり楽しい。テーブルの上にあるパソコンやスピーカー、ビル群、走ってくる人、双眼鏡に向かってのシャドウボクシング……その立体感は予想以上に素晴らしい。この双眼鏡は鳥や動物などだけではなく、プロレスやボクシング、子供の運動会やおゆうぎ会でも重宝しそうだ!

もちろん盗撮は禁止だぞ

記者的には大満足なデジタル双眼鏡『DEV-3』。「ビデオカメラを買うよりもこっち!」いう選択肢が生まれた製品だと思う。“双眼鏡”という枠を壊して、楽しみ方が自由自在、少し使うともう虜になってしまう。ああ……欲しいっ!

製品ページ
デジタル録画双眼鏡『DEV-3』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき