ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

1曲90秒が逆に楽しい!? 『AWA』のハイライト再生で盛り上がれるプレイリストに注目

1曲90秒が逆に楽しい!? 『AWA』のハイライト再生で盛り上がれるプレイリストに注目

11月12日に1000万ダウンロードを突破、『Google Play』が発表した『ベスト オブ 2016』のベストエンターテインメントアプリ部門では『Spotify』を押さえて大賞を受賞したストリーミング音楽サービス『AWA』。11月から月額無料プラン『Freeプラン』で、1曲90秒で再生する『ハイライト再生』の機能を提供し、月に20時間までオンデマンド再生が可能になったことをお伝えしました。

参考記事:
1000万ダウンロードを突破したストリーミング音楽サービス『AWA』はここがスゴい
https://getnews.jp/archives/1561982

『ハイライト再生』は、1つの楽曲から90秒抜き出した部分を、DJがつなぐようにフェードイン・フェードアウトして連続再生できる機能。一見、不自由に思えるこの『ハイライト再生』が、逆に『AWA』というサービスを特徴づけ、ユーザーも「面白い」と思えるフォーマットになっているようです。

90秒ってどれぐらいの長さ?

ハイライト再生で設定されている“90秒”という長さ。音楽を聴くときにどれぐらいの長さをイメージしたらよいのでしょうか。一般にポップミュージックは1曲が2分半~3分半の長さのものが多く、きっちり3分間の楽曲なら、ちょうど半分聴けるということになります。

awa90s2

たとえば東京事変の『能動的三分間』は、ちょうど3分間になるように制作された楽曲。『ハイライト再生』で聴いても、折り返しの間奏部まで聴けるので気持ちよく90秒の再生時間を味わえます。

awa90s3

The Clashの『白い暴動』の曲の長さは1分56秒、ビートルズの『プリーズ・プリーズ・ミー』はちょうど2分。3000万曲以上そろった配信楽曲の中には2分以内の名曲も意外と多く、90秒あればほぼフルに聴けてしまうわけです。

awa90s4

ピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』は45秒。『ハイライト再生』でもフル楽曲が聴けてしまいます。

こう考えると、実は90秒あれば意外と楽曲の魅力を味わうことができるのが分かるのではないでしょうか。
※一部『ハイライト再生』に対応しない楽曲もあります

ハイライト再生に注目したプレイリストも

1曲90秒という『ハイライト再生』の面白さに気付いたユーザーが、『ハイライト再生』向けのプレイリストを公開する動きも出てきました。

awa90s5

“ハイライト再生が最高にパリピになるプレイリスト”は、1曲目の『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』フル楽曲からスタートして、ピコ太郎の世界的ブレイクのきっかけとなったジャスティン・ビーバーの『Beauty And A Beat』、カーリー・レイ・ジェプセン『Turn Me Up』とつながっていく、パーティーチューン主体のプレイリスト。“ハイライト再生で楽しむあの頃のミックステープ。”というプレイリストも公開されていて、切れ目なく曲をつないで再生する『ハイライト再生』用のプレイリストには「ミックステープ」という表現がぴったりだなと納得。

awa90s6

“ハイライト再生が最高にクールになるBABYMETAL”“90’s globe ハイライト再生でもいい!”のように、同一アーティストにフォーカスした『ハイライト再生』向けプレイリストも。特にBABYMETALは、疾走感のある楽曲が切れ目なくつながっていくのが痛快でオススメ。好きなアーティストの魅力を凝縮したプレイリスト作成に挑戦してみるのも楽しそうです。

awa90s7

『AWA』公式でも“アラサー世代に送る、あの頃へタイムスリップできるJ-POPハイライト”というプレイリストを公開しています。こちらは、GLAY、鈴木亜美、ORANGE RANGE、CHEMISTRYなど2000年代近辺のチャートをにぎわせた楽曲が100曲も収録されたプレイリスト。特定の時代の空気感が1曲90秒という密度でギュっと圧縮された、濃厚なプレイリストになっています。

紹介したプレイリストを聴くには、『AWA』から「ハイライト」のキーワードで検索したプレイリストをチェック。個人で聴いて楽しむだけでなく、年末年始のホームパーティーなどでも、みんなで盛り上がれるBGMとして活躍しそうです。

画像:『AWA』ウェブサイトとアプリから引用

AWA – 音楽ストリーミングサービス
https://awa.fm/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき