男子の「送っていくよ」は女子にとってはありがた迷惑?

access_time create folderエンタメ

忘年会やクリスマスパーティなど、お酒を飲む機会が増える12月。それに従って、帰宅時間が普段より遅くなる女子も多いはず。そんな時、帰り道で男子に「送っていくよ」と言われたらあなたはどうしますか?

「夜道を女子1人で歩くのは危ないから」と、男子は当然女子への気遣いで申し出てくれているのでしょうが、実は「本当は送って欲しくない……」というのが多くの女子の本音。女子を送ってあげる男子というのは、一見紳士的で素敵な行動に思えるのですが、それがありがた迷惑であるというのです。

男子に送って欲しくない女子の心理としては「別に1人で大丈夫だから」「飲んだ後などは特に1人の時間がはやく欲しいから」という、“1人で帰る事が嫌では無い”というのが大半。

また、「ただ帰るだけなのに、メイク崩れや容姿の乱れを気にしなくちゃいけないから」「余計な気遣いをしなくてはいけないから疲れる」など、男子と一緒にいることで“女子でいないといけない時間”が長くなる事が苦痛とのこと。

「冬の時期は特に帰り道にコンビニに寄って、暖かい飲み物を買ったり、お菓子の新作をチェックするのが楽しみ」「ほろ酔いの状態で好きな音楽をiPodで聴くのが好きだから」など“飲んだ後の1人時間が好き”という意見も寄せられました。

そして、女子から不評だったのが「1人で帰れるので大丈夫だよ」と断った後に「いいよ、送るよ!」と引かない男子。「遠慮してるって思われてるのかもしれないけど、本当に嫌なだけ」「気持ちはありがたいけど、本当に断ってるのに食い下がってくると何で?って思う」という事なので、この場合の「大丈夫」はそのままの意味として受け取ったほうが良さそうですね。

男子の優しさが裏目となる場合が多い、この“送ってくよ”問題。その場であっさり別れて、その後「無事に家着いた?」などとメールをもらった方が好感度が高いのかも。案外、男子も社交辞令が1つ減って楽になるかもしれませんね。

※画像は「MorgueFile」より引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

ウェブサイト: http://

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧