秋葉原に居ながらにして「島根の水だけで出雲そばを作ってみる」とどうなるか

access_time create folderグルメ
IMG_3284_f

日本三大そばって、ご存じですか?

“日本三大そば”は、どうやら“戸隠そば”“出雲そば”“わんこそば”らしいのです。長野出身の記者にとっては、戸隠で食べるそばの風味は市内のそれよりも、ひと際強く記憶に残っています。特に、そばがきの“塊でおしよせるそばの風味”のインパクトは鮮烈でした。あと個人的には、新潟の“へぎそば”のツルリとしたつややかな口当たりと海藻由来の風味もかなり好きです。最近は都内でも食べられるところが増えてきましたが、やっぱりへぎそばは“長岡小嶋屋”のがいいなあ、なんて思ってます。

……話を戻しましょう。“出雲そば”と“わんこそば”は実は未経験の筆者ですが、島根も岩手も行く余裕は今のところありません。

それならば、ということで、11月15日からウォーターサーバーで入手可能になった島根の水を使って、秋葉原のガジェット通信オフィスに居ながらにして“現地の出雲そば”に近い味を味わってみることにしました。

そばと水を手に入れる

写真 2016-11-28 11 12 19_s 写真 2016-11-28 11 12 28 (1)_s

そばは2駅隣の“三越前駅”にある島根のアンテナショップ“にほんばし島根館”で手に入りそうです。あとは、水!

IMG_3103_f

ウォーターサーバを取り扱う“プレミアムウォーター”という会社が、島根県の金城という水源地の水を11月15日に発売したとのこと。

ウェブサイトによれば「ミネラル物質を含む花崗岩でゆっくりろ過されたお水は、硬度83mg/Lの軟水で、口当たりが柔らかい日本人の味覚にぴったり」とのことです。今回の企画用に、冷水と熱湯が出せる『スタンダートサーバー』、そして常温の水が出る『常温キット』、そして金城の水を2箱をお借りしました。

IMG_3085_f IMG_3091_f

常温の水は、今回で言えばそばを茹でるときなど、料理で重宝しそうです。実際組み立ててみると、かなり簡単なつくりなのですが使いやすくて「ちょっといいな」と思いました。

IMG_3095_f IMG_3098_f

茹でるぞ

IMG_3150_f IMG_3161_f

まずはそばを茹でる準備。そばに限らず、麺類をおいしく仕上げるためのポイントは“大量のお湯”。先の常温キットの金城の水を、惜しげもなくドボドボと大きめの鍋に注ぎます。鍋の底が焦げているのは許してください。

IMG_3184_f IMG_3191_f

お湯が沸騰したら、ほぐしながらそばを投入! 鍋底にくっつかないよう、折を見て軽くかき混ぜてあげます。お湯の循環でそばが適度に泳ぐようになれば大丈夫です。

IMG_3181_f

その間に、ウォーターサーバーの冷水、そして氷を用意。そばはキッチリと冷水でシメてあげることで、コシの良さが段違いになります。お蕎麦屋さんによっては、仕上げ用にはものすごく冷たい井戸水を用意してシメたりしているところもあるくらいです。

1 2次のページ
access_time create folderグルメ

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧