ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『とと姉ちゃん』の「青柳商店」でお馴染み、「木の町」深川の今

『とと姉ちゃん』の「青柳商店」でお馴染み、「木の町」深川の今

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に登場した、製材問屋「青柳商店」。川沿いに味わい深い古い家屋が並ぶあのセットを覚えている人も多いのではないだろうか? ドラマの中盤で強い印象を残した「木の町」深川の″今”と″これから“について、木場で三代続いている「三幸林産株式会社」の代表取締役であり、『とと姉ちゃん』では製材指導も務めた馬田勝之さんに聞いてみた。

「木の町」としての機能は、高度経済成長期を経て新木場へと移転

「深川」という地名の起源は江戸時代にさかのぼる。一説では、徳川家康が江戸に入った16世紀末、深川八郎右衛門が江東の湿地開拓を行ったのが、深川の起源と言われているからだ。当初、日本橋で商いを始め、やがて旧木場町に定着した木材問屋たちは、「深川木場問屋」として、江戸の木材問屋の代表格となり、明治時代には組合を組織、大正時代には関東大震災後の復興も支えた。

「青柳商店」の時代は、昭和初期。日中戦争が始まってから、政府による価格統制、官制の木材検査が行われ、やがて木材業が営業許可制となるなど、政府や軍による締め付けが激しくなっていったことは、『とと姉ちゃん』でも描かれていたとおりだ。1945年の東京大空襲で全焼した深川一帯は、木材業の再開を受けて、空襲後の東京の復興を支えながら、次第に「木の町」として再生していった。

ところが、高度経済成長期に入り、東京湾の埋め立てが進むと、「海に近い」という深川の利点がなくなってきた。

「加えて、当時、『13号埋立地』と言われたお台場あたりの貯木場では、台風の度に、木が隅田川を上ってしまっていました。当社のある木場も、街が発展し、住宅などが密集し始めたために、木材の積み下ろし作業が危険になってしまったのです」(馬田さん、以下同)

東京都が主導して、新木場への移転が決まり、1976年には新木場への移転が終了した。三幸林産も、工場を新木場に移し、木場には本社機能を残すのみとなった。【画像1】左:三幸林産三代目社長の馬田さん。会社が設立されたのは1950年だが、木材問屋としての歴史は、それよりも遥か前から続いている(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 右:1969年ごろ、木材置き場の前で遊ぶ当時2歳の馬田さん(写真提供/三幸林産)

【画像1】左:三幸林産三代目社長の馬田さん。会社が設立されたのは1950年だが、木材問屋としての歴史は、それよりも遥か前から続いている(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 右:1969年ごろ、木材置き場の前で遊ぶ当時2歳の馬田さん(写真提供/三幸林産)

木材問屋は築地で魚を競りにかけている「大卸」のようなもの

ところで、「木材問屋」は、具体的に何をしているのだろうか? 馬田さんの答えは明快だ。

「築地で魚を競りにかけている『大卸(おおおろし)』と一緒ですよ」

産地(海)で漁師が収穫した魚は、大卸が買い受け、それを築地で競りにかけて、仲卸(なかおろし)に売り、仲卸から小売り、つまり鮮魚店やスーパーに売ることで、消費者に届く。木材も同じで、産地、つまり山から切り出した木材を買い受けるのが木材問屋であり、それを小売木材店が目利きして買い付け、工務店や大工などに売る。そうして建ち上がった建物が、消費者に届くというわけだ。

「ただ、もともと信用商売ということもあり、築地のような競りは成立しにくいのが、この業界の特徴でもあります。木材問屋同士は、うまく住み分けができていて、『紀州材を扱うのはあの会社』『秋田材ならあの会社』と決まっているので、よその商売の邪魔はしない。競争をする世界ではないのです」

ただ、近年、木材問屋を取り巻く環境は、日に日に厳しくなっているのだとか。

「腕の良い大工さんが引退してしまうので、そういう職人さんと付き合いのあったところは、廃業するところもあります。また、代替わりの際、うまく事業承継ができずに廃業する木材問屋も多い。このあたりは地価も高いので、相続の際、事業承継していく難しさがあります」【画像2】産地から工務店へと、木材業にかかわる業者はこのような流れで木材を扱っている。木材問屋は、木材の在庫を抱えるために、どうしてもある程度の広さが必要になるそう(取材を元に筆者作成)

【画像2】産地から工務店へと、木材業にかかわる業者はこのような流れで木材を扱っている。木材問屋は、木材の在庫を抱えるために、どうしてもある程度の広さが必要になるそう(取材を元に筆者作成)

加工業への進出や木製品のショップ経営…多角化による生き残り策

そうした厳しい情勢のなか、先代から三幸林産を受け継いだ馬田さんは、どのように家業を続けていこうとしているのだろうか。

「まずは、多角化です。住宅街のなかの建築現場では、音やゴミが出せないので、木材の加工がしにくくなりました。そこで、設備投資の一環で加工機を買い、タイミングよく熟練した職人を雇って、当社の工場で加工ができるようにしました。木材を乾燥させるための乾燥機については、自社で開発してしまいました」

馬田さんが開発した遠赤低温乾燥機「オールドライ」は、同業者だけでなく、木を使った作品を生み出すアーティストからも引き合いがあるのだとか。加えて馬田さんは、本社をリノベーションして、木製品を販売するショップ『Kiclus』をオープンした。

「木が本来もつ心地よさやぬくもりを、建築物の材料である木材とは別の方向からも伝えられたらと思って始めました。アーティストとコラボレーションしながら、製品を開発する醍醐味も味わっています」(馬田さん)【画像3】左:『Kiclus』ショップ内。無垢材を使ったスマートフォン用のスピーカーが飾られている。上部にスマートフォンを差し込むと、再生した音が空洞の中で増幅されて響くというもの。価格は2万8000円から。木の種類によって、響きも異なる/右:表面に薄いウォールナットをあしらった名刺入れや財布なども販売している(写真撮影:日笠由紀)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy