あなたが人生で一番多く食べたお店のメニューは何ですか?~マガジンハウス担当者の今推し本『自分史上最多ごはん』

access_time create folder生活・趣味

カバー.indd

こんにちは、マガジンハウスです。今回の推し本のタイトル‟自分史上最多ごはん”、気になりますよね。これには定義がありまして、「人生でもっとも多い回数食べている、ただしおうちのごはんではなく、特定のお店の、特定のメニュー」(本書より)とのこと。(そう聞くとすぐに「自分の最多ごはん、なんだろう?」と考える方が多いかと思いますが、これが結構難しくて面白いのでマジおすすめ)
この本で紹介されている、75人の食通の方々が偏愛する一品は、そのエピソードも合わせて気になるものばかり!  取材、執筆を手掛けられた‟偏愛系”フードライターの小石原はるかさんに、裏話を含む色々と伺ってみました。

――――小石原さん、この本読んでたらお腹空いちゃいましたよ! 

小石原 「ありがとうごさいます(笑)」

――――実は私、ゲラの時点から、読みながら「この店行こう!」なんてチェックしてて(笑) BRUTUSでの連載時も気になってたんですが、この”最多ごはん”って切り口は、あまり他ではないですよね。

小石原 「確かに他では聞いたことないですね。元々はヰタ・セクスアリスみたいな感じで、‟ヰタ・食スアリス”をやりたかったんです。でもそれってすごく個人の感覚の差が大きいし、共有しづらいじゃないですか。漠然と『あなたの食の目覚めのメニューは何ですか?』って聞かれても、なかなか答えづらい。一方で、回数っていうのはすごいロジカルだし、わかりやすいし、語っていただきやすいからいいなと」

――――確かに回数ははっきりしてますよね。……と言いながらですね、さきほどマガジンハウス宣伝プロモーション部のおじさんたちと考えたんですよ。「自分たちの‟最多ごはん”は何だろうか」って。そしたらすぐ思い浮かばなかったんですね。せいぜい時間がないから仕方なく選ぶファストフードとか。それで、改めてこの発想がすごいなと思ったんです。みなさんすぐ答えられました?

小石原 「それが、結構迷いがないんですよね。複数挙げてくださる方もいらしたり」

――――一冊まとめて読んでみると、思ってるよりもみなさんケタが大きいですよね!

小石原 「そう!(同じメニューを食べた回数が)三ケタの人が割と平然といたことには、私も驚きました(笑)」

――――最初に登場される小山薫堂さんがもう200回<大越>のハンバーグを食べてらっしゃる(笑)。土井善晴先生も、<聚楽園>に45年通ってたり。

小石原 「ね、小学校から食べてるとなどいったメニューがいっぱい出てきてビックリしました」

――――取材してみて、思ったより多いなと?

小石原 「たぶん多いだろうとあらかじめわかっていた、例えばパラダイス山元さんの<餃子の王将>や、石黒謙吾さんの<ゆうじ>は、もうはじめから見込んでお願いしていたんですけど、それ以外にもみなさんかなり超えてるなって」

――――ちょっとね、200回とか300回ってどういうペースで食べてるんだろうと。

小石原 「すごいですよね(笑)」

_DSC4275

小石原さんの予想をも超えた、ケタ違いの‟最多ごはん”エピソードが満載の本書。料理も熱い語りも面白いものばかり。

――――人選はどのように?

小石原 「基本、知り合いベースです。連載の初回は、昔から仲良くさせて頂いているパラダイス山元さんで、明らかに<餃子の王将>が出てくるだろうと。そして見事に期待に応えてくださって」

――――それで初回で500回が出てしまったと(笑)。ところで連載スタート時の、小石原さんご自身の‟最多ごはん”は何でしたか?

小石原 「それがね……困る質問で(笑)」

――――すごく聞かれますよね、絶対。

小石原 「聞かれるんですけど、レストランの記事を書く仕事上、いろんなところに行かなきゃいけない状況にあるので、一軒で回数稼げないんですよ。焼肉だったら<ゆうじ>とか、ジャンル別にはありますが、全体の最多ってなると『うーん……』ってなっちゃうんですよ」

――――この本を読んでても、そういう展開を期待して、トリは小石原さんご自身が出るのかなと思ったら、BRUTUSの編集長でした(笑)。

小石原 「意表ついたでしょう(笑)。お一人だけセリフも長い(笑)」

――――では、未だに答えが出てないんですね。

小石原 「ですね。聞かれたら言いよどんだままというのが続いてます。それに、みなさんのほうが偏ってた! 私はたぶんあちこち行き過ぎて、さながら浮気性の人状態になっちゃってるんで、愛を貫けてないのかもしれないです」

――――偏愛系ライターなのに(笑)。

小石原 「うどんをずっと食べているとか、最多アイテムというのはあるんですが、うどんも結局色々食べちゃうから一軒に偏れないんです」

――――仕事上、ですよねえ。

小石原 「って言いながら、お仕事の大先輩、マッキー牧元さんには本書にご登場いただいているっていう(笑)」

――――(笑)。みなさんご職業も多岐に渡って、しかも著名な方が多いんですが、人間的に共通項ってあるんですか? 偏愛の気質というか。

小石原 「どうだろう……私と何らかの接点がある方が大半なので、ちょっと変わってる人は多いかな(笑)。私が変わってると言われがちなので、類は友を呼ぶというか……、これ語弊あるかな、大丈夫かな(笑)」

――――確かにこの本を読むと「ああ、この人変わってるんだ」って思ったところもあります(笑)。

小石原 「それに、意外な人が意外な店やメニューを挙げたりもしたんですよね」

――――具体的には?

小石原 「意外なメニューという点ではやっぱり北方謙三先生ですかね」

――――<大和屋 三玄>の赤出汁!

小石原 「そうそう。え、それ!? って(笑)。もっとなんかこう、高級料亭のうやうやしい一品が挙がってくるかなと思っていたら、朝ごはんで召し上がってる赤出汁(594円)っていうのが意外で」

――――でもこれ見ると、食べてみたいなあって思いました。

小石原 「ね。北方先生仕様で味わってみたいですよね」

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧