ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャラダパーBoseが旧車専門店で昭和にタイムスリップ?

▲ヨタハチことトヨタ スポーツ800も発見! 「僕が抱きつけちゃうくらい小さい。今、こういうデザインの車を作ることは絶対に無理なんだろうね」とBoseさん。他にもホンダ S600やルノー アルピーヌA110などもありました

▲ヨタハチことトヨタ スポーツ800も発見! 「僕が抱きつけちゃうくらい小さい。今、こういうデザインの車を作ることは絶対に無理なんだろうね」とBoseさん。他にもホンダ S600やルノー アルピーヌA110などもありました

旧車専門店でBoseさんに出会えるかも!?

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれないDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):Boseさん、今からお邪魔するお店にアポイントを取ったら、「Boseさん、来店したことあるはず」って言っていましたよ。

Bose:横浜にあるフレックスオートレビューは旧車好きの間では有名だからね。S30型フェアレディZやハコスカなどのビンテージカーはもちろん、セダンやトラックの旧車もたくさんあるから見ていて飽きないんだ。とくに素性を明かしていないんだけどバレちゃってたか……。

ゆきだるま:もしかしたらビンテージカーを扱うショップの中で噂が広まっているのかもしれないですよ。「Boseさんが普通に中古車屋さん巡りをしている」って(笑)。

Bose:だって中古車は新車と違っていいのを見つけたらすぐに見に行かないと売れちゃうかもしれないからね。とくに旧車はタイミングを逃すと次にいつ出会えるかわからないから。だからこそ出会ったときはアガるんだよ。

横田部長:Boseさん、いらっしゃいませ。以前お店に来てくれましたよね?

Bose:こっそりお邪魔したつもりだったけれどバレてましたか(笑)。

横田部長:すぐにわかりましたよ(笑)。今日はどの車を撮影しますか?

Bose:こちらにはおもしろい車がたくさんあるから、まずは一通り見せてもらっていいですか? と言いながら、目星は付けてあるんだけど。

横田部長:どうぞどうぞ、ご自由に見てください。インテリアを見てもらうのも大丈夫ですからその際は声をかけてくださいね。

Bose:よし、じゃあまずはフレックスオートレビューで見つけた、懐かしい旧車たちを一気に紹介しよう!

▲フレックスオートレビューの横田部長(左)とBoseさんの間には共通の友人がいることが発覚し大いに盛り上がります。広い意味での車つながりの友情かもしれませんね

▲フレックスオートレビューの横田部長(左)とBoseさんの間には共通の友人がいることが発覚し大いに盛り上がります。広い意味での車つながりの友情かもしれませんね

アメリカンビンテージから見たことのないランクルまで!

日産 サニートラック(2代目)

▲ゆる~いネオクラライフの代表といえばサニトラことサニートラック。カスタムしたり、ノーマルでのんびり走ったりと、いろいろな楽しみ方があるのも魅力です

▲ゆる~いネオクラライフの代表といえばサニトラことサニートラック。カスタムしたり、ノーマルでのんびり走ったりと、いろいろな楽しみ方があるのも魅力です

Bose:サニトラはオシャレな旧車生活を楽しむ王道的な存在だよね。海のそばとか似合うもん。サニトラの文化は不滅なんじゃないかな。どの時代にもオシャレな人がいい感じで乗りこなしている気がする。

横田部長:サニトラってノーマルもいいしカスタムしても似合うし、いろいろな楽しみ方ができるんですよ。例えばちょっと走りっぽくいじって、それを普通に仕事で使っている人もいます。そういう乗り方も許されちゃうのが人気の秘密じゃないですかね。

Bose:前に友だちの女の子が乗っていたけれどカッコよかったよ。女の子もさらっと乗れる旧車って意外に貴重かもしれない。僕は見た目がおとなしい白いやつが好きだけど、右側のやつもカッコいいじゃん。価格はどれくらいですか?

横田部長:少し前までは2ケタ万円で買えましたが、最近のネオクラブームでまた相場が上がってきています。それでも新車の軽自動車より安い150万円以下でたいていのものは手に入りますからお得だと思いますよ。

トヨタ ランドクルーザー(60系)

▲マットブラックに全塗装した激シブのランクル60! しかもよく見るとピックアップになっているんです!!

▲マットブラックに全塗装した激シブのランクル60! しかもよく見るとピックアップになっているんです!!

Bose:何これ、ランクル?

横田部長:ランクルの60系です。実はこれ、もともとは消防のポンプ車で、荷台にはポンプが載っていたんですね。だから荷台は三方開きではなく後ろだけが開く一方開きになっています。

Bose:重いポンプを載せるから荷台もゴツイ! それに高さもあるもんね。

横田部長:ステップのごつさもいいですよね。

Bose:それをマットなブラックに再塗装してミルスペックにしちゃった前オーナーのセンス、いいねえ。見てると荷台に何を載せて出かけようって夢が膨らむもん。キャンプに行くとしても道具をしまうケースはプラスチックではなくスチール製にしたい。そこまでこだわりたくなる車だよ。

▲「ここに荷物を積むなら、ケースなどにもこだわりたいね」とBoseさん。軍用品が似合いそうです

▲「ここに荷物を積むなら、ケースなどにもこだわりたいね」とBoseさん。軍用品が似合いそうです

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。