ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事に役立つ「戦国武将」15の名言!織田信長・真田幸村から軍師・黒田官兵衛まで

織田信長や真田幸村をはじめ、戦国武将のファンは昔から大勢います。面接などで尊敬する人物を聞かれて、戦国武将の名前を挙げる人もいるのではないでしょうか?

群雄割拠の時代を生き抜いた戦国武将たちには、数多くの魅力的なエピソードや名言が残されていて、その中には現代のビジネスパーソンの生き方にも通じるものがあります。今回は、9人の戦国武将の言葉から、仕事に活かせる名言15個をご紹介します。

行動派!部下を引っ張るカリスマリーダー

戦国武将の中でも自らの行動で兵・部下たちを引っ張るカリスマ的リーダー3人の5つの名言を見てみましょう。

●上杉謙信(1530~1578年)

上杉謙信は越後(新潟県)の戦国大名で、「越後の龍」「軍神」と称されました。武田信玄とのライバル関係は有名であり、信玄没後に衰退した武田家を攻め入ることはせず、私利私欲のための戦はしない、義に忠実な武将として知られます。謙信は越後で作られる布を「越後上布」というブランドにして、専売制を実施。その布を自ら足利将軍家に売り込むなど経営者としても優れていました。

f:id:tany_tanimoto:20160801173014j:plain

【名言】

「人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならない」

軽い気持ちで発した言葉が、他人の心を傷つけたり、思わぬ波紋を広げてしまうことがあります。それは、人の上に立つ立場の人なら、なおさらのこと。経営者、上司として軽率な発言を戒め、深き思慮をもって言葉を選ぶことの大切さを説いています。

●伊達政宗(1567~1636年)

伊達政宗は後に仙台藩の初代藩主となる戦国大名です。23歳で奥州を制圧し、乱世の時代には勇猛果敢な若き武将として活躍。その後は抜群の行動力で仙台藩を統治しました。幼少時に患った天然痘の影響で右目を失明したことから「独眼竜」という呼び方でも知られています。また、政宗の身につけるものは弦月の兜など特徴的でセンスの高いものばかりでした。このことからオシャレな男性を「伊達男」と呼ぶようになったという説が流布されていますが、真相は不明です。

f:id:tany_tanimoto:20160801173054j:plain

【名言】

「時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ」

競合他社より出遅れてしまうと、機会損失の影響は後々大きく響いてきます。いざ勝負と思ったときは、時を移さず行動すること。つまり、戦略立案から決断→実行をスピーディに行い、ライバルに先んじることが勝利のカギを握ると解釈できるでしょう。

【名言】

「大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし」

重大な選択をする際、他人に相談して意見を求めたり、さまざまな情報を調べることは大切ですが、最終的な判断は自分でするべきだという言葉です。自ら決断したことは、腹をくくって進むことができますが、他人の意見に流されて失敗してしまえば、相談した相手を憎んだり、後悔が生じてしまいます。

●織田信長(1534~1582年)

織田信長は最も有名な戦国武将の1人です。奇抜なエピソードもありますが、その一方で目標設定を上手く活用した戦術家でもあり、非常に優れたカリスマリーダーでした。

有名な戦に「桶狭間の戦い」があります。ここでは目先の利益である戦利品を奪うことはせずに、完全勝利という目的設定を徹底します。また、「戦いに参加した者全員が末代まで英雄として語り継がれる」という、目的に対するリターンを明確に告げることで部下たちのモチベーションを向上させました。f:id:tany_tanimoto:20160801173143j:plain

【名言】

「絶対は絶対にない」

一見矛盾した言葉ではありますが、これには自分を勇気づける「絶対に不可能と思えることでも突破口はある」という意味と、自分を戒める「絶対に大丈夫と思った時点で隙が生まれる」という2つの意味を持ちます。前者は常に考えて行動せよというメッセージであり、後者は大丈夫と思った時点で成長が止まってしまうことを危惧せよという意味です。

【名言】

「臆病者の目には、常に敵が大軍に見える」

日本三大奇襲の1つ、「桶狭間の戦い」で2万5000の兵を擁する今川義元をわずか2000の軍勢で強襲し、討ち取った信長らしい言葉です。(数字には諸説あり)

自分を過小評価して弱気になるのではなく、しっかりと戦略を練ったら、リスクを取ってチャレンジしないと、いつまでたっても勝利は得られないということを訴えています。

頭脳派!上司に気に入られて出世したリーダー

次に、カリスマ性や武力ではなく、頭脳で乱世に頭角を現した2人の戦国武将をご紹介します。

●豊臣秀吉(1537~1598年)

低い身分から叩き上げで出世し、天下統一まで成し遂げた戦国武将であり、智将としての要素が人気の理由です。秀吉が信長へ行った、冬の寒い日に懐に草履を入れて温めたエピソードはあまりに有名ですが、他にも象徴的なものが数多く残っています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。