体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本茶アーティスト・茂木雅世が『ミスiD2017』に参戦した理由 「このままだと自分がやりたいお茶の世界ができない」 [オタ女]

masayomogi_01

講談社主催の女の子オーディションプロジェクト『ミスiD2017』。セミファイナリスト128組(130名)には、アイドル・女優からシンガーソングライター、ジェンダーの境界線にいる男子まで、さまざまな人がノミネートしています。
そんな中、日本茶アーティストの茂木雅世さんも参戦。セミファイナリストに名を連ねています。『オタ女』では、そんな彼女にインタビューを敢行。自身の煎茶道についての想いや『ミスiD』に応募した理由など、赤裸々に語って頂きました。

ミスiD2017 No.108 茂木雅世 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=-A2zYSONlWI [リンク]

ーー茂木さんは今回『ミスid2017』のセミファイナリストにノミネートされているわけですが、その前に「日本茶アーティスト」として活動していることからお聞きしようと思います。まずお茶に関心をもったきっかけはどのようなことになるのでしょう?

茂木雅世さん(以下、茂木):私は母との二人暮らしで育ったのですけれど、母がお花をやっていて、山口県の茶問屋のかりがね茶を急須で淹れることを小さい時からやっていて、美味しく淹れることができるとほめてもらったのが嬉しかったんですね。教育ママだったし、母子家庭だったので悲しい思い出もたくさんあるんですけれど、お茶を淹れることが唯一、褒めてもらえたことで、それが母からもらった愛情だと感じているんです。

ーー「日本茶アーティスト」としてやっていこうと思ったのは?

茂木:大人になってから一人暮らしをするようになると、お茶を飲む機会も減っていたのですが、社会に自分を順応させようと頑張って、打ちのめされ疲れた時にお茶を淹れると、幼少期のいい記憶が思い出されて、「お茶ってやっぱり記憶を連れてくるものなんだな」と思っていました。それで、25歳ごろに一度精神的に落ちた時があって、自分と対峙して心の中を整理したりとかしている時に、お茶を飲むと「私、これが美味しいから、今日1日生きていける」と泣いてしまったり、私の人生にとってその存在の大きさを感じることができたから、日本茶の仕事を始めようと思ったんです。

masayomogi_02

ーー「茶道」というのは「おもてなし」の心の文化だというのが自分の理解なのですが、「日本茶アーティスト」としては「お茶を気軽に飲んでもらおう」という活動でもあるわけですよね。

茂木:百貨店でのイベントのお仕事でお茶を淹れたりしますし、そういう場で集まってくる人にとってはお茶は身近な飲み物です。例えば「女の子がなんかお茶淹れてくれるから、飲みに行こう」という気持ちで来てくれるのも、もちろん嬉しいのですけれど、お客様から「早く淹れてよ」と言われてしまったり、意思の疎通をするところまでが、私のお茶のすべてではあっても、受け取る側がそうじゃない場面も多々あって「しんどいな」と思ったこともあるんです。

ーーおそらく、茂木さんはこれまでに「いまオススメのお茶を教えて下さい」といった質問をたくさん受けていると思います。でもその時々によっても、場所や相手によっても違ってきますよね? そういう「オススメ」をぱっと提案することへの抵抗感もあったのでは?

茂木:あります、あります。今オススメのお茶とか、一番美味しいお茶教えてくださいとか、大人なので一応答えますけれど、一番難しい。その辺も、自分の中とズレがあります。

ーーそういうお茶をカジュアルに知ってもらう活動として必要だけど、ひとりひとりと向き合えるような場を作りたいというお気持ちもあるということですよね。

茂木:そうですね。売茶翁(1675-1763)という煎茶道の中興の祖と呼ばれている人がいて、京都でお茶をやっていて、そこに文化人がどんどん集まってきているんですね。いつからか、彼にお茶を淹れたりしてもらわないと、一流の文化人ではないというふうといわれるぐらい、すごい人だったんですけれど。売茶翁の絵を伊藤若冲(1716-1800)が描いているのですが、絵を欲しがる人もいたりして、ものすごく人としても尊敬されていたわけです。そういうふうにひとりひとりと対話できるような場というのは、現状の私には無理じゃないですか。今これを、そういう仕事をやりたいって言っても、まず理解されない。「茂木雅世って誰?」という中で、そんなのは通用しないから、『ミスiD』を通して、そういうことができるような茶人になりたいと思うんですよね。

ーーつまり、『ミスiD』にノミネートすることによって、ご自身の活動の幅を広げたい、ということですね。

茂木:はい。ミスiDだったら、全部裸になって言いたいことが言えるし、自分の闇の部分にもスポットライトを当ててちょっと散らしたいなという思いもありました。だから、受けてみて、そういうことをまず発信することっていうことをしてみようと思ったんです。

ーーとはいえ、「アイドル」と見られることに抵抗はなかったのですか?

茂木:ただ、日本茶アーティストとして活動していく中で、「アイドルになりたい、ただ片手間にお茶やっている子なんでしょ」というイメージの人もいらっしゃるんですよ。それこそ「歌ってみてよ」とか。本当は期待には応えたいし、やるからにはお茶で人生を表現できるような人になりたいと思っているんですけど。人にも優しくしたいし、大きな心で寛大な心でいつもいたいし、負の部分とか闇の部分を見せずに修行僧のような心持ちでお茶を出せればいいのですけれど、思っている自分像とかけ離れている部分というのも結構あったり、このままじゃ自分の多分やりたいお茶の世界がちゃんと伝えられないままになりそうで……。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。