体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【追いパクチーもビールも堪能】ロイヤルホストの“カレーフェア”で全制覇&食べ比べ!

f:id:naruse_e:20160725144519j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。うだるような暑さが続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私はというと、火照った体を冷やすため、毎夜ビールが欠かせません。そう、夏バテ気味の私を救う唯一の楽しみ……。

さて、夏といえば絶対的にビールですが、カレーも欠かせませんよね。特に素揚げした色とりどりの野菜を乗せた夏野菜カレーは絶品! スパイスの効果もあいまって、夏バテで弱った胃腸も何のその、食欲回復すること請け合いです。そんななか、「カレーフェア」なるものがロイヤルホストで開催されているとの情報が!

そんなこんなでカレーフェアに行ってきた

f:id:naruse_e:20160725144604j:plain

ロイヤルホストでは、1983年から毎夏“カレーフェア”を実施しています。34年目となる今回は、新作3種と人気のカレー2種を展開。さらにはここでしか飲めない貴重なビールもあるとのことで、早速夏を堪能しに行ってきました。

f:id:naruse_e:20160725144634j:plain

お邪魔したのはロイヤルホスト桜新町店。ファミレスだけどシックな内装。カウンター席もあって、どこか大人な雰囲気です。5種類全てのカレーを1人で頼んでいるトリッキーな奴は筆者くらいしかいません。トッピングにパクチー(194円)もチョイス。もちろん、ビールも頼みましたよ。うーん、全部並べると圧巻の風景ですね。

f:id:naruse_e:20160725144711j:plain

ルーは別添えなので、ご飯にかけてみました。どれも具が大きくてゴロゴロ入っているのがわかります。

写真右手前から時計回りに、「“日本の野菜”を美味しく食べるカレー<十八穀米で>」(1,544円)、「チキンカリー“グランデ”」(1,490円)、「国産野菜のカシミールビーフカレー」(1,274円)、「ロイヤルプレミアムターリ」(1,998円)、「南国シュリンプカレー<十八穀米で>」(1,652円)。

f:id:naruse_e:20160725144753j:plain

それでは、いただきまーす!

f:id:naruse_e:20160725144825j:plain

まずは待望のビール!(笑)

や、やさしい! とてもマイルドな口当たりで、ビール特有の苦味や刺激を感じません。そして、とっても香り高くフルーティーな味わい。こやつの正体は一体……!?

実はこちら、贈答用でしか生産されていない超貴重な、キリンの「一番搾りプレミアム」(615円)。ファミレスで飲めるのはロイヤルホストだけです(※2016年7月19日現在)。身近なファミレスでワンランク上のビールを楽しめるなんて、なんたる幸せ! そして食事との親和性も高いのでカレーのお供にピッタリです。

しかも2杯目は半額の307円で飲めるというキャンペーンも実施中だとのこと。のんべえにはたまらないですね。

人気順にカレーを実食! パクチーと相性抜群の第4位は……

喉も潤ったところで、早速カレーを実食! 人気順に紹介したいと思います。

f:id:naruse_e:20160725144944j:plain

第4位「南国シュリンプカレー<十八穀米で>」(1,652円)!

今年の新作である同カレーは、プリプリの海老がゴロゴロ入っているので贅沢感満載。ココナッツの香りもたまりません。アジアンテイストなので追いパクチー必須ですね。

また、ココナッツの甘みにより、全体的にまろやかに仕上がっています。なのに、食べ進めるにつれ口の中が熱くなっていくのを感じました。ヒリヒリしない辛さ!

ライスは十八穀米か白米を選ぶのですが、こちらはお店推奨の十八穀米をチョイス。プチプチとした食感がたまりません。

4位タイは中毒性を生むクセの強いあのカレー!

f:id:naruse_e:20160725145034j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。