ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シーアが米ソングチャート初のNo.1に、ドレイクの連覇を阻止

シーアが米ソングチャート初のNo.1に、ドレイクの連覇を阻止

 ショーン・ポールをフィーチャーしたシーアの「チープ・スリルズ」が、8月6日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で先週3位から1位にランクアップし、彼女にとって一人のアーティストとして初となる“Hot 100”No.1の座を獲得した。一方、フィーチャリングのショーン・ポールにとっては4度目にして10年以上ぶりの首位だ。これまで10週にわたり1位に立ち、ドレイクのキャリアの中で、また、2016年においても首位最長記録をマークしていた「ワン・ダンス」(feat.ウィズキッド&カイラ)からその座を奪う形となった。

 「チープ・スリルズ」はシーアのアルバム『ディス・イズ・アクティング』からの1曲で、1958年8月4日発足のソング・チャート“Hot 100”史上1,056番目のNo.1ソングとなった。アーティストとしては初のNo.1となるシーアだが、ソングライターとしては共作したリアーナの「ダイヤモンズ」で2012年に3週に渡り首位に立っている。ちなみに「チープ・スリルズ」は、元々リアーナのアルバム『アンチ』向けにレコーディングされるはずだったものの、運の巡り合わせかシーア本人がレコーディングすることになった曲だ。

 1975年12月18日生まれで現在40歳と7か月のシーアが首位に立ったことで、40歳以上の女性アーティストによる首位獲得は、マドンナとシェールがそれぞれ42歳(2000年/「ミュージック」)と52歳(1999年/「ビリーヴ」)で同チャートNo.1に立った以来のこととなる。

 また、「チープ・スリルズ」は同ソング・チャート入りしてから23週目という長い期間を経ての首位獲得だ。これは、2014年5月17日付でチャートイン30週目にして首位にのぼりつめたジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」に続く記録となる。

 今週の“Hot 100”2位は、ドレイクの「ワン・ダンス」だ。同曲はサブスクリプション・サービスをベースにした“On-Demand Songs”チャートでは依然、空前の14週目No.1という記録を更新し続けている。また、2015年10月3日付チャートから実に45週連続で“Hot 100”トップ10入りしており、これまでの男性アーティストによる最長記録保持者、ザ・ウィークエンドに並ぶこととなった(ただし、ザ・ウィークエンドはリード・アーティストとしての記録。ドレイクは45週のうちリード・アーティストとしては34週のトップ10入りだ)。

 続く3位はリアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」で、先週4位からのワンランク・アップ。新たな最高位を記録した。ハリスは先日、元恋人のテイラー・スウィフトが同曲で共作していることを認めており、これが一部影響を及ぼした可能性もあるだろう。

 4位はジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」が先週2位からのランクダウン。5位はダヤをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「ドント・レット・ミー・ダウン」がキープしている。

 6位も先週に続いてトゥエンティ・ワン・パイロッツの「ライド」で、“Hot Rock Songs”チャートでは7週目の首位に立っている。続く7位には、リアーナの「ニーデド・ミー」がつけている。

 ケント・ジョーンズのブレイク曲「ドント・マインド」は最高位となる8位に先週9位から再浮上しており、“Hot Rap Songs”チャートでは首位をマーク。9位はデザイナーの「パンダ」が先週8位からダウンしているものの、“Streaming Songs”チャートでは首位最長記録となる14週No.1を獲得している。

 今週の“Hot 100”チャートのトップ10を締めくくるのは、アデルの「センド・マイ・ラヴ(トゥ・ユア・ニュー・ラヴァー)」だ。アルバム『25』からの同3rdシングルは、先週に続き2週目のトップ10圏内をキープしている。

関連記事リンク(外部サイト)

シーア、『マイリトルポニー』映画版への声優出演が決定
米ソングチャートでドレイクが9週目の1位、シーアは初のTOP5入り
カルヴィン・ハリス/シーア/メジャー・レイザー/The 1975~圧巻のヘッドライナーから新人アクトまで【コーチェラ】現地レポート(日曜日編)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。