体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

先の見込みがない日本と日本の電子書籍の未来を明るくする、たったひとつの方法

moreaccessmorefun

今回は永江一石さんのブログ『More Access,More Fun!』からご寄稿いただきました。

先の見込みがない日本と日本の電子書籍の未来を明るくする、たったひとつの方法

「アマゾンが本格的に『Kindle』を日本語化して年内にも日本の電子書籍業界に参入」と聞いて、戦々恐々の出版業界人も多いことだろうが、安心していい。アマゾンが参入しようがどうしようが、日本の電子書籍はたいして盛り上がらない。長期的に見たらどうせ衰退するのは目に見えているからだ。アマゾンが本格参入して一時的にビジネス本の電子書籍は売れるようになるだろうが、10年、20年の長いスパンでは必ず日本の書籍出版(印刷と電子含めて)のマーケットはどんどん小さくなると断言する。

インプレスはこのグラフのように[リンク]日本の電子書籍のマーケットが大きくなっていくと予想しているが、非常に脳天気ではないか。電子書籍のマーケットは多少拡大しても、印刷物の書籍のマーケットがこれ以上に小さくなって、全体としては出版業界はけっして上向きにならないだろう。日本で電子書籍が売れてないのはもちろん規格の統一が進んでなかったり、端末がバラバラだったりすることもあるが、そんなことより書籍マーケット全体が急激に縮小していることにもっと気づけといいたい。出版界は現実から目をそらしすぎだ!

先の見込みがない日本と日本の電子書籍の未来を明るくする、たったひとつの方法

それはなぜかっていうと、文化の衰退期に入っている日本では、子どもの頃から“本を読む”という習慣がほとんど消失しかかっているからだ。現在日本で電子書籍は500億円くらいしか売れていないのだが、その90%が携帯経由。そして80%はコミックで、その80%がボーイズラブやティーンズラブ……(呆)。
つまり、日本で売れてる電子書籍はバカ系ばっかりなのだ……
※いい方がきつかったらごめんなさいとはあえて書かない

日本はいま、一億総バカ体制に向かって突き進んでいる。テレビではバカドルが“限界を超えた無知”ということを全く恥ずかしく思わず、それを見ている視聴者も“可愛い”というおかしな感覚を持つ。前にも書いたが“無知は罪”だと自分は思っている。無知故に強者にカモられ、偽情報に振り回されてヒステリーになっている人は、いまや日本に大勢いる。

ゆとり教育がいけないとか、日教組のせいだとか、国家の絶頂期から衰退期に向かうときにはみんなこうとか、ほかに楽しいことがあるとか、いろいろな見方があるだろうが、その大きな原因に学童期(小~高校生まで)の読書比率が大きく下がっていることが絶対にあると思う。我々の子供の時代には教育熱心な家の子ども部屋には本棚があり、文学全集や百科事典が入っていた。「勉強しなさい」って言われて部屋に入って勉強しないで本を読む。うちにも少年少女文学全集と岩波の世界文学全集で合計数百冊あり、高校時代にほとんど読破した。モーパッサンやモーム、トマス・ハーディやトルストイ、ほとんど読んだ。浪人している時も勉強しているふりして本ばかり読んでいた。おかげで大学受験で現国なんて全く勉強しなかったが、理科系なのに現国だけはずっと偏差値70くらい……。駿台模試で現国のみ一桁順位になったことが数回ある(ただし肝心の受験勉強はほとんどせずに本ばかり読んで、あとは名画座で1年で50本も映画見ていたので成績は全然上がらず)。

もちろん漫画も読んだ。小学校の時の手塚治虫の『火の鳥』から始まり、社会人になってもほとんどの有名なのは読み尽くしている。ライブドア時代の同僚(後輩の若手)には、「漫画配給マシン」と言われていた。毎日通勤時に二冊のコミック誌を買ってみんなにあげていたから。とにかく速読なので片道1時間だと漫画×2冊+週刊誌1冊が必要なのだ。すごい出費だった。
しかし、個人的な意見かもしれないが、漫画はいくら読んでも想像力が付かない。アニメもそう。映画もそうだ。テキストで読んで頭の中で情景を想像することで想像力が付くのだ。言葉の端々で登場者の表情も想像する。しかしそもそも絵になってしまっているのであれば、怒っているのか困っているのか、見るだけで分かる。つまり全く想像しなくても読むことができる。これでは想像力は付かない。最近の若者がよく言われる「想像力がない」っていうのはこれが原因じゃないかと自分は思っている。

※漫画でも想像力が付くといってる人は多いが、この“想像力”っていうのは、テキストから情景を考える想像力のことだ。たとえばこの発言をしたってことは彼は怒っているのだろうか、と考えるが、漫画なら怒っているのか困っているのか絵を見たら分かるでしょう? たとえばそういうことです。また、漫画は語彙が少なく中学生以下でもわかるような言葉しか使わないから、漢字や熟語にはほとんど出会えないで日本人としての語彙が減っていく。そして“超巨大戦艦”が文中に出たときは子どもながらに必死に考えたり絵を描いたりしたモノだが……漫画だとまんま出てくるから想像もいらないでしょう? 漫画を読むなと言ってるんじゃない。漫画だって映画だって文化です。漫画だけ読むなと言ってるわけです。

よく、「ネットで検索できるから本は読まなくていい」という人もいるが、ネットで調べ物を検索しても想像力は付かないですよ!?
商品開発力=消費者が何を求めているかを想像する力
なわけで、このままではどんどん日本の競争力は落ちていくこと間違いなし。

で、子どもができたり、知り合いに子どもが生まれたりしたときに、「そうだ、絵本をプレゼントしよう」と考えてそこそこ大きな本屋(紀伊國屋とかじゃなくて駅前のテナントとかTSUTAYAね)にいったあなたは、たぶんびっくりするはずだ。かなり大きな本屋でも、児童書のコーナーに本がほとんどない!! 幼稚園の時に読んだ『いやいやえん』も、小学校1年の時にあれほどはまって親に泣きついて13巻買ってもらった『ドリトル先生』もないからロンドン雀のチープサイドにも出会えない。自分が小学校低学年の頃、新潟の地方都市にいたのであるが、近所の小さな本屋に通って立ち読みばかりしていた。漫画はガロしか置いてなくてあとは本。店主が親切で椅子を出してくれたりおやつを出してくれた。小さな本屋だったが、本屋さんだって生活があるから、必然的にいまなら漫画だけで本は置いてるスペースがないと思う。特に子どもの居住地域の近くにある小さめの本屋さんの本棚は漫画ばっかりだ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。