ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「エロには知性が必要だ」米米CLUB・石井竜也がニコ生で”アートな”下ネタトーク

「ニコ! ニコ!」という決めポーズ? をする石井竜也さん

 米米CLUBのボーカル、カールスモーキー石井こと石井竜也さんが2011年10月25日、ニコニコ生放送に初登場した。出演したのは、石井さんが”支配人”となり、次世代アーティストを発掘する番組『Nicolangelo(ニコランジェロ)』。石井さんは、事前にニコニコユーザーから募集した作品を解説しながら、「直接描けばエロいというわけではない」「エロティックには知性が必要だ」と持論を語り、随所に下ネタを折り込んで視聴者の笑いを誘った。

 この番組の趣旨はアートについて、人生について、文学について、歴史について、そして世界について語り、次世代アーティストを発掘すること。しかし、話題はしばしば下ネタに転んだ。事前に募集されたお題、『初体験の思い出』をテーマにした作品を紹介するコーナーでは、「そっちの(性的な)話になるとアートの番組らしくなくなる」と話しつつも、石井さん自らの初体験として幼稚園のとき、好きな先生がトイレに行くわけがないと思っていたが、トイレから出てくるところを見てしまい、生々しさを感じたというエピソードを語った。これに対し、視聴者からは「結局そっち系wwww」「それはアートじゃないw」といったコメントが寄せられた。

「ちょっと左な感じ」と投稿作品を解説する石井さん

 また、同コーナーに投稿されたアニメーション作品に、裸の女性が陰毛を剃るというシーンがあったが、石井さんは「前を向いているのがよくない」と指摘。

「直接描けばいいかというと、そうでもない。例えば”エロティック”という言葉にしても、”セクシー”という言葉にしても、そのまま描けばセクシーか、そのまま描けばエロいかって、そうじゃないと思う」

と語り、

「”エロティック”とか”セクシー”とか、それから”笑い”とかっていうのは、一番インテリジェンス(知性)がないとできない。そこんとこを間違っちゃうと、単なるお遊びになってしまう」

「脱いだだけ ただそれだけで 出ちゃったの」

と「表現」に対する石井さんの持論を述べた。そして、ほかの作品を例に挙げ「直接的な表現がないのに状況を想像させるところがいい」として、

「脱いだだけ ただそれだけで 出ちゃったの」

という川柳を高く評価した。石井さんの番組『Nicolangelo(ニコランジェロ)』は今後も月に一度、ニコニコ生放送でレギュラー放送される予定。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]石井竜也さんが”初体験”を語るところから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv67323630?po=news&ref=news#9:24
・[ニコニコ生放送]「直接描けばエロいわけじゃない」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv67323630?po=news&ref=news#36:16

(伊川佐保子)

【関連記事】
「朝はTUBEを歌って起きる」ニコ生初出演の鬼束ちひろさんに”聞いてみた”
「仮面ライダー」のアートギャラリー展、京都で開催
雑誌「SWITCH」にニコ動のクリエイターたちが登場
中止されたサブカルアート展の作家ら 「機会を奪うな」と展覧会開催
ヴィレッジヴァンガード、「エロ系」の本やグッズを「一斉撤去」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。