ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アプリ】iPhone最高峰のレースゲーム『Real Racing2』 スマホのグラフィックもここまで来たか

iPhone最高峰のグラフィックを実現したレースゲーム『Real Racing』の新作、『Real Racing2』がリリースした。本作は前作以上にリアルなグラフィックを実現し16台同時走行、そして『iOS5』の新機能『AirPlay』によるHDモニター(AppleTV)でのプレイなど前作をプレイしたユーザーも満足行く内容になっている。

家庭用ゲームのGTレースゲームと比較すると、フレームレートや解像度の点から見劣りしてしまうが、『iPhone』の性能をフルに使い切った映像は十分に堪能できるだろう。操作方法も複数ある中から選ぶことができ、加速度センサーを使った擬似ハンドル 操作や、指でスライドさせる操作などさまざまだ。いずれにせよ、操作方法はボタンのあるゲーム機の方が軍配がありだ。スマートフォンにいくら慣れたとはいえ、タッチでのゲームは未だになれないものだ。

モードはキャリア、 クイックレース、タイムトライアル、マルチプレイなど基本的なものはある。

キャリアはその名の通りキャリアを積んで行くモードだ。レースで勝利し、資金を得て車をカスタムして新たなランクのレースに出場。更に資金が溜まったら、新たな車を購入すればいい。ちなみに登場する車は、日産やジャガーなどの 実在する車だ。車種こそ多くないものの、スマートフォンにしては十分に頑張っている方だ。

さて、少し褒めすぎたところで難点も挙げておこう。ドライバーズアイの際に、バックミラーが表示されないのが気になった。 処理上の問題なのだろう。もちろん画面上部をタップすれば後ろを確認することができるが、タップしている間だけだ。60フレームを維持している『Forzs Motorsport 4』でさえバックミラーは30フレーム処理になるくらいだ。

リアルなレースゲームをスマートフォンで再現したというだけでも評価したいこのゲーム。こちら『Real Racing2』は250円で『AppStore』からダウンロードできる。またiPadユーザーは『Real Racing 2 HD』を導入すれば更にリアルなレースが体験できるだろう。

Real Racing 2

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy