ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国会周辺に野生のタヌキ「のだちゃん」(仮)あらわれる

国会周辺にあらわれたタヌキ

 東京・永田町の国会周辺に最近、野生のタヌキが出没するという。目撃情報があったのは、国会議事堂の衆議院南門周辺の路上。2011年10月24日18時半頃、たまたま近くを通ったフォトジャーナリストの堀田喬さんがその姿を写真に収めた。

・国会周辺にあらわれたタヌキの写真をもっと見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np99131

「このあたりがタヌキの巣ではないか」と案内をしてくれたフォトジャーナリストの堀田喬さん

 堀田さんによると、タヌキは1匹で路上におり、写真を撮ると驚いたのか近くの駐車場の茂みに消えたという。堀田さんは、タヌキが出没した現場を案内しながら「国会の中にはタヌキみたいな人がいっぱいいるけど」と皮肉を交えながら、笑顔で語る。

 また、近くの駐車場で警備員を勤める男性は、タヌキについて「ここ数ヶ月、日が暮れて暗くなる頃、ひょっこりと現れる」と話す。タヌキは特に人に餌付けをされている様子はなく、衆議院の敷地内の木立で木の実などを食べている「野生」であると考えられる。

 我々、ニコニコニュースの記者のあいだでは、このタヌキが荒川のアザラシ「あらちゃん」に次ぐアイドル的存在になると予測。永田町の「永ちゃん」、国会の「カイくん」、「野狸(ノダヌキ)」の「のだちゃん」などの愛称の候補を挙げた。皆さんならどんな名前を付けるだろうか。

◇関連サイト
・国会周辺にあらわれたタヌキの写真をもっと見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np99131

(文・山下真史、写真・堀田喬)

【関連記事】
10年愛される「テンキャラ」作り、1次通過作品を発表 角川書店の井上社長「想像以上に独創的」
両目を失った一匹の犬と、彼女に寄り添う「盲導犬」
アザラシのあらちゃん ニコニコ生放送のカメラがとらえる
「家畜」ではなく「いのち」に向き合う――福島原発20キロ圏内の見捨てられた動物たちを救え
すべての足先を切断された犬、”機械じかけの四肢”をつけて走れるように

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。