ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『忍たま乱太郎』“大人向けぬり絵”はアニメの名シーンを収録 キャラ別に塗り方をレクチャー[オタ女]

img_104455_1

1993年4月放送開始から今年で第24期を迎え、NHKの最長寿アニメ作品となっている『忍たま乱太郎』から、大人も楽しめる“ぬりえ本”が登場。

6月14日に発売となる『忍たま乱太郎COLORINGBOOK 忍たま乱太郎 ぬり絵の段』は、100点以上のアニメの名シーンを自分の手で再現できます。

img_104455_2

「大好きなキャラクターだからこそできるだけきちんと塗りたい!」という人向けに、“きれいに仕上げるための塗り方ガイド”付き。光や影の入れ方、立体感を出すグラデーションや重ね塗りのポイントをパーツ別、キャラクター別にレクチャー! 乱太郎は肌だけで4色を重ね塗り!

イラストは、メインキャラクターたちが勢揃いするポスターやカレンダーをはじめ、テレビアニメ第19~23シリーズ(2011年3月~2015年6月)の名場面をピックアップし、収録。カバーイラストは本書のための描き下ろしイラスト!

img_104455_3 img_104455_4

ファン必見の「かわいい!かっこいい!」シーンが満載。乱太郎、きり丸、しんべヱのおなじみの3人組はもちろん、忍術学園の四年生、五年生、六年生、敵忍者や兵庫水軍など、人気メンバーたちの名場面110点のぬり絵が楽しめます。

丁寧に美しく塗って名シーンを色鉛筆の柔らかい風合いで仕上げるのはもちろん、自分の好きな色に変えて遊んでみるのも楽しそうです。

タイトル:忍たま乱太郎COLORINGBOOK 忍たま乱太郎 ぬり絵の段
発売日:2016年6月14日(火)
対象年齢:小学生以上
定価:本体1,300円(税別)
判型:A4変型判(縦250mm×横225mm×幅12mm)
出版元:株式会社玄光社

http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=10552

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき