体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンがアイドルを襲う事件は昔のほうが多いのです。(少年犯罪データベースドア)

ファンがアイドルを襲う事件は昔のほうが多いのです。(少年犯罪データベースドア)

今回は管賀 江留郎さんのブログ『少年犯罪データベースドア』からご寄稿いただきました。

ファンがアイドルを襲う事件は昔のほうが多いのです。(少年犯罪データベースドア)

シンガーソングライターの女性がストーカーに刺されて重傷を負った事件で、何故だかマスコミはヲタがアイドルを殺そうとしたという誤った図式を前提として報道していてケシカランという話があるようです。

「アイドルでもないしヲタでもない!小金井刺傷事件の報道に感じるモヤモヤ|ほぼ週刊吉田豪」 2016年5月24日 『東京ブレイキングニュース』
http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/news002249.html

そんなマスコミの出鱈目さを非難している方々も、近頃はアイドルとファンの距離が近くなったためにこのような事件が起るという見方をしている人が多いようです。
しかし、芸能人が雲の上の存在だった昔のほうが、女優や歌手を襲う事件は多かったのです。
ストーカーだけではなく、金目的の犯行も含めて下に並べましたので、ご覧いただければ。
これはあくまでも少年犯罪の一部だけです。
昭和38年にファンの男(26)が吉永小百合(18)に自分の名前をイレズミするため針と墨汁を持って自宅に侵入、駆け付けた警官を手製のピストルで撃って重傷を負わせ、逃げようとした小百合さんは階段から転げて捻挫したりと、成人の犯行は何倍もあります。
昔の雑誌はファンレターの宛先として芸能人の自宅住所をそのまま載せていたということもありますが、昭和38年に橋幸夫(20)がステージ上で劣等感を晴らそうとした男(32)に軍刀で斬られるとかコンサート会場で襲う事件も多いので、それだけが理由ではないのです。
昔はストーカー殺人が連日のようにあったので、芸能人を襲う事件は比較的少なかったとも云えるのですが。
また、江戸時代のアイドルだった遊女を殺そうとする事件が頻発していたことは、「江戸時代のモテない男の無差別殺人事件」*1を読めばお判りいただけるかと。

*1:「江戸時代のモテない男の無差別殺人事件」 2008年12月24日 『少年犯罪データベースドア』
http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/51820359.html

マスコミだけではなく、人前で何事かを語ろうとする方は、この程度の基礎的データは踏まえて発言していただかないと、誤った前提を基に社会制度が作られたりすることにもなるので大変困ります。
データの裏付けがないまま出鱈目なことを云うのは、宇宙人の電波を脳内に受けて訳の判らないことを口走る危ない人と変わりません。
いまはどこの図書館でも全国紙の過去記事が検索できますし、少年犯罪データベース*2を見れば、ここに掲げた事件はすべて載っていて、手軽に知るこができるわけですから。

*2:『少年犯罪データベース』
http://kangaeru.s59.xrea.com/

人は何故か、すぐに調べれば判るような目の前の現実を無視して、一見もっともらしい図式に飛びついて、それを正しいと思い込んでしまいます。これは、じつは何百万年に渡る進化から形成された人間の本性であることを、新著『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』*3で解き明しております。

*3:「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか ~冤罪、虐殺、正しい心」 管賀 江留郎(著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4800307457/

さらに、振られたり、ちょっとしたことでカッとして人を殺そうとするのも、じつは進化が人間にもたらした道徳感情から来る行動だということも説いております。
ほかの動物ではほとんど見られない<間接互恵性>の<評判>獲得意識と、その評価のために身に着いた<因果推察>能力が関係しているのです。
<間接互恵性>は人間社会を成り立たせるために大切なものですが、それによって現実が視えなくなって、社会全体に大きなダメージを与えることもあります。
克服するには拙著にも記したように、客観的データをできるだけ多く集めて判断することが重要です。
情報の蓄積こそが文明の基礎ですが、国家などの大きな組織ができてまだ一万年で、身体や脳の進化が追いつかない部分をこういう仕組みで補うことで、人類は辛うじて滅亡せずに生き延びたわけです。
皆様方も文明の担い手のひとりとして、なにか発言する場合は必ずデータの裏付けを持ち、データを持たない場合は発言を慎むようにいたしましょう。

ストーカー殺人を含めて殺人事件が大幅に減ったのは、社会構造の変化により、<評判>の位置づけが変わってきたためだということを、『戦前の少年犯罪』*4の続編である戦後編で解明することになるのですが、これがなかなか厄介で、頭が痛いです。

*4:「戦前の少年犯罪」 管賀 江留郎(著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806713554/

進化心理学を探究して、<間接互恵性>の<評判>や<因果推察>についてよく知り、道徳感情に突き動かされてこういう事件を起してしまう人間をうまくコントロールすればストーカー殺人などもさらに減らすことができるのですが、そのためにも一番大切なのは正しいデータの蓄積なのです。

昭和29年(1954).2.9〔17歳が女優宅にストーカー放火〕

東京都世田谷区で、コック見習い(17)が女優の嵯峨美智子(20)が下宿している家の板塀にガソリンをかけて放火しタクシーで逃走、翌日に新聞で家が燃えなかったことを知って「またやるから覚悟しろ」と脅迫電話をかけ、2.11に逮捕された。たびたびファンレターを出していたが返事が一度しかなかったのを恨み、放火すると脅迫状を出していた。

昭和31年(1956).6.26〔高2が川上哲治選手を脅迫〕

東京都世田谷区で、都立高校2年生が川上哲治選手(36)に「友人が会社の金を落とし、娘を芸者に売って穴埋めしようとしている。あなたの力で貸してくれないか」という手紙を出し、「金をもらいに行くから用意しておけ」という脅迫電話をしてから自宅にやって来たので張り込んでいた警官に逮捕された。

父親が病気のため授業料を払えなかった上に、上級生から金を貸せと脅されて、投資信託で大儲けした川上選手なら出すと思ったと自供。

昭和32年(1957).1.13〔19歳が美空ひばりに塩酸かける〕

東京都台東区の浅草国際劇場で、女中(19)が客席から上がって舞台脇で出番を待っていた美空ひばり(19)に、塩酸300グラムを浴びせかけた。左顔面、胸、背中に3週間のヤケド。
「ひばりちゃんに夢中になっている。あの美しい顔、にくらしいほど、みにくい顔にしてみたい」と書かれたメモがバックのなかにあった。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy