ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • こどもに恨まれると死ぬんだよ 清水崇監督×滝沢秀明主演『こどもつかい』予告編[ホラー通信]
  • 「『ムカデ人間』は歴史的な作品になった」 シリーズ完結を祝う“ムカデ卒業式”レポート[ホラー通信]
  • 【動画】大天使すぎる“木”ベビー・グルートメイキング解禁! ヴィン・ディーゼルのアフレコシーンも
  • 『アントマン&ワスプ』よりワスプの美しすぎるアクションが堪能できる8分の本編映像が解禁!
  • アクセル全開フルスピード!  この夏の暑さを吹き飛ばす車映画4選
  • 北欧美男子の耽美さとムキムキ筋肉の融合! 『ターザン:REBORN』に悩殺必至[オタ女]
  • 『リアル鬼ごっこ』の撮影現場ってこんな感じ! 栃木県「大谷資料館」での非日常シーンに注目
  • 『ハリポタ』&『ファンタビ』シリーズ全作品で小道具を制作! ピエール・ボハナ氏に聞く「キャラクターごとの杖の違い」
  • 映画『13日の金曜日』のリブート版、パラマウントが製作を断念
  • 【動画】キアヌ・リーヴス 、映画『ジョン・ウィック』続編のトレーラーで皆殺しを宣言
  • モフモフのスヌーピー解禁!「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」予告編
  • あなたが私にくれたもの……何度も届くヤバいギフト 連続贈り物スリラー『ザ・ギフト』戦慄の予告編
  • 「手塚治虫のブッダ」第二弾公開記念!「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-」特別上映会
  • 本日はスカヨハ&マーク・ラファロのお誕生日! 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも注目の2人
  • “デ・ニーロ・アプローチ”70歳でも健在!  新作で15キロ減量&9時間本気の殴り合い
  • 花嫁衣装で1000円に! 仮装歓迎の夜通しホラー映画上映『ハロウィン ホラーオールナイト』開催[ホラー通信]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全日本模型ホビーショー】電車の方向幕がミニチュア化『部品模型シリーズ』

【全日本模型ホビーショー】電車の方向幕がミニチュア化『部品模型シリーズ』

10月13日(木)から16日(日)まで、千葉・幕張メッセでプラモデル・ラジコン・鉄道模型・フィギュアなど模型関連製品の見本市『第51回 全日本模型ホビーショー』が開催されました。トミーテックは、電車の方向幕をミニチュア化した『部品模型シリーズ』を出展。路線や年代別にラインアップを拡充しています。

電動側面方向幕 収納されている方向幕

『電動側面方向幕』は、電車の側面行先表示器を1/5スケールで再現した製品。2012年1月に第4弾、3月に第5弾の発売が予定されている人気シリーズです。別売りの指令機(税込み5040円)を使って指定したコマまで回転させて行き先を表示。単三電池3本で動作し、白色LEDバックライトで夜間の演出も楽しめます。

これまで103系関西線、103系京浜東北線、103系総武線、14系寝台客室、485系特急電車が製品化。2012年1月に発売される第4弾では113系東海道線、211系東北・高崎線 湘南新宿ライン、3月に発売される第5弾では24系25形寝台客室、183系特急電車、189系特急電車がラインアップされます。第4弾の価格は各8190円(税込み)、第5弾は各8400円(税込み)です。

手動前面方向幕

『手動前面方向幕』は、車両先頭部の手動式行先表示器を1/5スケールで再現した製品。12月には101系中央線(東海道・横須賀線)、101系京浜東北線を発売します。価格は各3150円(税込み)。

方向幕キーチェーン

もっと手軽に楽しみたい方には、『方向幕キーチェーン』がオススメ。手巻きダイヤルで方向幕を回転でき、白色LEDバックライトで夜の演出を楽しめます。こちらはシリーズ第3弾が2012年1月に発売予定。200系東北・上越新幹線、189系特急電車(あさま色)、115系中央線、205系中央線、103系大阪環状線・片町線・桜島線、711系北海道の6製品が追加されます。価格は各924円(税込み)。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。