ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大晦日の朝生は福島でやります」 田原総一朗氏が「被災地開催」を宣言

「大みそかの朝生は福島でやります」

 「今年の大晦日の『朝まで生テレビ!』は福島でやります!」。同番組の司会をつとめる田原総一朗氏が2011年10月16日、福島県内で開かれた公開討論会で宣言した。いつもは東京・六本木のテレビ朝日のスタジオから生中継されている「朝生」が、東日本大震災と原発事故の最大の被災地である福島で放送されることになった。

 田原氏が「朝生の福島開催」を公言したのは、16日午後に福島県郡山市で開催された「福島から農業の再生を考える」という討論会。放射線の研究者や福島の農家らと議論するイベントで、ジャーナリストの津田大介氏や福島県二本松市の三保恵一市長も参加した。

 討論会の最後に、田原氏は「大変勉強になりました。やっぱり福島へきて、原発や農業のことを話し合い、考えないといけない」と述べたうえで、

「実は今日、『朝まで生テレビ!』のプロデューサーたちがきています。今年の大晦日の『朝まで生テレビ!』は福島でやります。福島で原発を考える」

と宣言した。その模様はニコニコ生放送で中継されていたが、視聴者からは「すげーーーー」「えらい!!さすがだで!」と歓迎するコメントが寄せられた。

 続いて、田原氏から発言を求められたテレ朝の芳沢重雄プロデューサーが

「こういった問題は福島で考えないとしょうがない。東京だと消費者というところしか見れないので、福島で農業の人たちの話を聞くことが大切だと思いました」

と語った。

 「朝生」といえば、スタジオに一般の観覧者を入れて、多人数のパネリストが長時間にわたり激論する独特のスタイルで知られている。「朝生」が東京のスタジオを飛び出すのは異例のことだが、原発事故の問題を「被災地」で考えたいという田原氏の熱い思いが背景にあるようだ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 田原氏の「朝生を福島でやります」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv67311926?po=news&ref=news#1:42:19

(亀松太郎)

【関連記事】
東京で「原発」住民投票を! 山本太郎「都民が責任感じなきゃいけない」
田原総一朗×津田大介×学生たち 「次世代ジャーナリズム」論で激突 全文書き起こし
民主・馬淵氏「東電の原発は国有化すべき」 ニコ生出演・全文書き起こし
自民・安倍氏、韓国の入国拒否問題で「谷垣総裁は自民党の見解をドンと言うべき」
民主党はどこがダメなのか? 田原、佐々木、東、勝間氏が指摘する問題点とは

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。