ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さぁ来た「レッドファイッ!」 話題の“赤いあいつ”『レッドマン』がGW中だけ公開エピソードを再解禁!見逃し21話の見どころも全レビュー

08title_draco

あかいーあかいーあかいーあいつーレッドマーン♪

過去記事(※後述)でもお伝えした“赤いあいつ”ことレッドマンですが、ウィークデーの18時になると、確実にTwitterのタイムラインをにぎわせています。

ご存じない方のために説明すると『レッドマン』とは、1972年円谷プロダクション制作による巨大ヒーロー作品なのです。

2016年4月からはYoutubeで毎日リバイバル配信されているのですが、1話あたり約3分と手ごろな尺でいて、詰め込まれたエッセンスは非常に濃く、「怖いのにレッドマン見てしまう」「レッドマンで一日の疲れが癒やされる」「レッドマンを見ながら飲む酒は格別」「レッドマンがあるから月曜日が怖くない」など、中毒者の間で多くの話題を呼んでいます。

ikarus03 red_ext

過去記事:ヒーローなのに『怖い』と評判の『レッドマン』動画がじわじわ浸透中
https://getnews.jp/archives/1444633

しかし、公開されているのは、第1話+最新の6話程度。つまり第2話以降のエピソードの中には見逃すと閲覧できなくなっているものもいくつかありました。既に観た人たちがTwitterで盛り上がっている様子はログとして残っているけど、肝心の映像を観ることができず、くやしい思いをした人も居るのではないでしょうか。あるいは「あの時の話、また観返したいな」と思うレッドマニアの方も居たかと思います。(ちなみに市販されているアーカイブは、LDボックスのみの模様)

そんな皆さんのためなのか、円谷プロダクション公式チャンネルでは、これまで公開済みの『レッドマン』をゴールデンウィーク中は再公開するそうです!レッドファイッ!
特別公開期間は、2016年4月29日18時から2016年5月9日(月)18時までとのこと。さらに、再配信期間中も、(月)~(金)18:00からは最新話を継続配信するそうです。これで、休み中の“レッドロスト”(レッドマン切れ)も怖くないですね!

円谷プロダクション:赤いあいつ『レッドマン』登場!(月)~(金)毎日配信中!【リバイバル配信】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLwDaeL3aOb-x8wxSdbJvG0zOPGYLGz0tD [リンク]

tsuburayaweb

「レッドマンて、なんかネットでは聞いたことはあるけど、どんなところがスゴいの?」と思う方のために、レッドマンの魅力、そして公開済み作品21話の見どころをお伝えしたいと思います。
※ただし、以下は筆者の主観およびネットの声を要約したものです。観る方によってその評価は分かれますのでご了承くださいね

レッドマンの魅力とは

『レッドマン』とは一体どんな映像作品なのか、思いつく特徴を挙げていきます。こうしてまとめてみると、ホラーの要素が若干、強いですね。

redman02


・構成上、説明なく戦闘に入るので、レッドマンが怪獣を倒す理由は常に不明。
・レッドマンの登場方法が「気づくと立っている」など、ちょっと正義の味方ぽくないため演出がサスペンスホラーっぽい
・怪獣が討伐対象というよりは、無害の生物に感じる
・カメラアングルがドキュメンタリー風なので、共謀・共犯者の視点に感じる
・レッドマンには『スペシウム光線』のような光線技が無いので、基本攻撃はひたすら殴る・蹴るである。生々しい
・殴り方・蹴り方が時々ガチで“入っている”
・巴投げがやけに美しい。背負い投げの時はだいたい怪獣の口を持って投げる
・怪獣がしばしば突然死するように見える
・怪獣の見た目が、知っているのとちょっとバージョンが違う気がする
 (非番の催事用の怪獣が連れ出されている、など諸説あり)
・武器は、本当に鋭利な『レッドアロー』とナタのようなリアルさがある『レッドナイフ』

redarr02

・BGMがおどろおどろしく怖い(ミラーマンの未使用音源を使っているらしい)。ちょっと勇ましい曲調の『レッドマン』主題歌のカラオケバージョンもあるが曲の尺が短いためか、戦闘は結局“怖いBGM”になる事が多い
・レッドマンは基本、空を飛ばないので、立ち去り方は基本的に徒歩。これが生々しさに拍車をかける
・倒した後にレッドマンが時々とるポーズに妙な“やりきった感”がある 
 \(^o^)
・見続けていると「レッドファイッ」が「お前を殺す」宣言に聞こえてくるのがこわい

redman_end

観るほどに、味わい深くなる作品、それが『レッドマン』なのです。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。